Today's PICK UP

パソコンの利用に関するアンケート調査を実施 デスクトップ・ノートパソコンとつなげている機器で「プリンター」「デジタルカメラ」は減少傾向

マイボイスコム株式会社は、インターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社。6回目となる『パソコンの利用』に関するインターネット調査を2020年3月1日~5日に実施し、10,315件の回答を集め、結果を発表した。

■所有しているパソコンのタイプ

所有しているパソコンのタイプは(複数回答)、「A4サイズノートパソコン」が57.5%となっている。「デスクトップパソコン」は39.0%で減少傾向。女性10~30代では、「パソコンは持っていない」が2割前後みられる。
出典元:プレスリリース

■デスクトップ・ノートパソコンの利用頻度

デスクトップまたはノートパソコン利用者のうち、「毎日」使う人は73.5%を占める(本調査回答者は、パソコンユーザー中心)。男性50~70代では8~9割だが、女性10~30代では4割前後となっている。

■デスクトップ・ノートパソコンとつなげている機器

デスクトップまたはノートパソコン利用者が、パソコンとつなげている機器は(複数回答)、「マウス」「プリンター」が各5割強、「USBメモリ」「キーボード」が各3割弱。過去調査と比べて、「プリンター」「デジタルカメラ」は減少している。若年層では、「ヘッドホン、ヘッドセット、イヤホン」「スマートフォン」が高い傾向だ。
出典元:プレスリリース

■パソコンの購入予定

パソコンの購入・買い替え意向者は5割。具体的に予定している人は約9%となっている。
出典元:プレスリリース

■最も購入したいパソコンのタイプ

パソコンの購入・買い替え意向者に、最も購入したいパソコンのタイプを聞いたところ、「A4サイズノートパソコン」が41.2%、「デスクトップパソコン」が30.2%、「大画面ノートパソコン」が10.8%。女性は男性と比べて、「デスクトップパソコン」の比率が低くなっている。また、女性10・20代では「B5サイズノートパソコン」が高い傾向だ。

本調査結果はこちら

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。