Today's PICK UP

AI管理栄養士が食事・運動・睡眠をアドバイス 毎日の「気分」を登録すると、AI管理栄養士がフィードバック

株式会社リンクアンドコミュニケーションは、同社が提供している3つのAI健康アプリを「カロママ」シリーズとして5月12日に全面リニューアルすると発表した。リニューアルにあたり、アプリ名やアイコンデザインを刷新。また、企業向け健康経営支援アプリ「カラダかわるNavi」とスポーツクラブ会員向けアプリ「カラダかわるNavi for スポーツクラブ」の2つのアプリを統合する。

■リニューアルの概要

1.アプリ名・アイコンデザインの変更
「カロリーママ」「カラダかわるNavi」「カラダかわるNavi for スポーツクラブ」、3つのアプリのアプリ名・アイコンデザインを変更する。
出典元:プレスリリース
アプリの利用者に好評のキャラクターAI管理栄養士を「カロママ」と表現し、「カロママ」シリーズとして、利用者とコミュニケーションを行う。またデザインは、AI管理栄養士によるアドバイスと未来感を表現しているという。

2.企業向け「カラダかわるNavi」とスポーツクラブ向け「カラダかわるNavi for スポーツクラブ」の統合
リニューアルを契機に、健康経営を支援するアプリとして6,000社以上に導入されている「カラダかわるNavi」と、ルネサンスを中心にスポーツクラブに導入されている「カラダかわるNavi for スポーツクラブ」を統合する。統合後は「カラダかわるNavi」を存続アプリとして、「カロママ プラス」に名称・アイコンデザインを変更。今回の統合により、今までの各アプリの利用者には、それぞれ以下のメリットがある。

・「カラダかわるNavi」を利用している企業・健保の従業員、自治体の住民
統合により、スポーツクラブで展開している以下の機能が利用できるようになる。
①スポーツクラブで好評な、パフォーマンスをアップする2つのコースが利用可能
「ほどよく筋肉&引き締め」コース
身体を引き締めるバランスの良い食事と運動をアドバイスする。
「マッチョになりたい」コース
筋力アップを重視したアドバイスを提供する。
②「運動」の入力機能がより便利に
過去の運動履歴からの簡易入力
複数の運動をセットで入力できるセット入力

・「カラダかわるNavi for スポーツクラブ」を利用しているスポーツクラブ会員
統合により、企業向け向けで展開している以下の機能が利用できるようになる。
①企業・健保で利用されている、様々な健康課題に応えた5つのコースが利用可能
「現状維持」コース
今の体重をキープして日々の健康管理を行いたい人
「メタボ改善」コース
健診の結果、メタボと判定された人、もしくはメタボが気になる人
「低栄養対策」コース
BMI18.5以下の痩せ過ぎの人、筋肉・体重を増やしたい人
「ロコモ認知症予防」コース
ロコモや認知症が気になる人、50歳以上の人
「重症化予防」コース
糖尿病、高血圧の人
②睡眠時間や睡眠内容に関するアドバイスが充実
睡眠に対して、食事・運動も含めたトータルなアドバイスを提供
fitbitと連携、詳細な睡眠情報も自動取得
③毎日の「気分」を登録すると、AI管理栄養士がフィードバック

3.アプリの今までの実績
・「カラダかわるNavi」→今後は「カロママ プラス」
健康経営支援、データヘルス支援、特定保健指導支援の健康アプリとして、大企業から中小企業まで6,000社以上の企業に導入されている。また、自治体では神戸市の市民向けアプリ「MY CONDITION KOBE」として利用されている。

・「カラダかわるNavi for スポーツクラブ」→今後は「カロママ プラス」
スポーツクラブの会員向けアプリとして展開している。スポーツクラブ「ルネサンス」では全店舗、全会員を対象に展開している。

・「カロリーママ」→今後は「カロママ」
一般向けダイエットアプリ。ローソンと連携し、栄養バランスを考えた商品・メニューを提案している。

4.今後の予定
「カラダかわるNavi」と「カラダかわるNavi for スポーツクラブ」の統合と、「カロママ プラス」への変更は5月12日に実施する。また「カロリーママ」から「カロママ」への変更は5月下旬に行う予定だという。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。