Today's PICK UP

自動運転関連求人数の最新調査が公表 エンジニア不足が続く中、人材獲得競争が激化

株式会社ストロボが運営する日本唯一の自動運転専門ニュースメディア「自動運転ラボ」は、日本国内における自動運転関連求人数の最新調査(2020年3月末時点)をまとめ、結果を発表した。

■「自動運転ラボ」による調査: 最新の自動運転関連の登録求人数

主要転職6サイトにおける自動運転関連求人数は、新型コロナウイルスの影響もあり前月比19.3%減の18,211件となったが、前年同月比では30.8%増とプラスとなっており、依然として高い水準が続いている。こうした背景には、自動運転業界ではエンジニア不足が続く中で人材獲得競争が激化していることがあり、将来を見据えた開発体制の強化に向け、各社は今後コロナ下においても採用活動を一定程度継続していくことが考えられる。
出典元:プレスリリース
3月末時点の主要転職6サイトの求人件数は、「Indeed」が前月比19.1%減の16,327件、「doda」が同26.0%減の1,079件、「リクナビNEXT」が同13.1%減の543件、「マイナビ転職」が同13.4%減の71件、「ランスタッド」が同17.2%減の154件、「エン転職」が同5.1%減の37件だった。

■採用イベントの中止や採用の抑制はあるものの、オンライン面接の積極活用も見られる

新型コロナウイルスの感染拡大によって自動車業界でも採用イベントの中止が相次いでいるが、企業によってはオンラインでの採用面接を実施している企業も目立ちつつある。一方、企業によっては従業員の感染拡大防止などの対応に追われ、中途採用などに時間を割きにくくなっているケースもあるため、オンライン面接という特性も活かして、採用支援サービスを提供する専門会社へのアウトソーシングの利用も進んでいるようだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。