Today's PICK UP

製造業7割の企業が「現場の経験と勘による製品開発を行っている」と判明 海外とのIT格差が浮彫りに

株式会社TOPWELLは、国内製造業の最新のニュースレターを公開した。
海外の製造業は企業規模を問わず、IT等の最新技術の導入に積極的に取り組んでいる。一方、日本の製造業は技術力への自負から、他国に比べて導入が遅れていると言われている。そこで、同社では、国内の売上高上位1000社を対象に製品開発の現場を調査した。その結果、7割の企業が現場の経験と勘による製品開発を行っている事が判明。そして、その製品開発の精度の低さに過半数の企業が頭を抱えている事が浮き彫りになった。

■製品開発における需要予測をどの様に行っているか?

7割の企業が経験と勘による製品開発を実施している
株式会社TOPWELL調べ

株式会社TOPWELL調べ

出典元:プレスリリース
データから読み取れるポイント~国内製造業の需要予測~
・顧客や店頭の販売員等の経験や勘による需要予測に頼っている
・自社以外のソリューションを用いて需要予測を行う企業は少ない

■需要予測の課題について

需要予測の精度に過半数が頭を抱える
株式会社TOPWELL調べ

株式会社TOPWELL調べ

出典元:プレスリリース
データから読み取れるポイント~需要予測の課題~
・需要予測の精度が低いと感じている企業が過半数を占める

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。