Today's PICK UP

新型コロナウイルス禍のスマホアプリ利用時間増減ランキングが発表 増加1位は「動画・音楽」、減少1位は「ナビゲーション」

FROSK株式会社は、スマートフォンのアプリの利用状況やクラッシュに関するアンケート調査「アプリ利用実態調査レポート(2020年春、新型コロナウイルス影響調査)」を実施した。
FROSKでの今回のアンケート調査は、スマートフォンアプリが落ちる現象(クラッシュ、アプリが強制終了してホーム画面に戻ってしまう現象)だけに留まらず、新型コロナウイルスの影響を受けてのアプリの利用頻度の変化や、アプリのジャンル別の傾向、地域や年代などの傾向も合わせて調査をしている。

■利用時間増加/減少アプリジャンルランキング(半年前との比較)

1) 利用時間増加アプリジャンルTOPは動画などのアプリ
「世界中で新型コロナウイルスの流行となっていますが、半年前の2019年10月頃と比較して、ウイルスの影響で利用時間はどう変化しましたか?」という質問について、「劇的に増えた」「増えた」と回答した割合が16アプリジャンル中で最も多かったのは、「動画・音楽・ゲーム・コミック」38.2%となった。
出典元:プレスリリース
2) 利用時間減少アプリジャンルTOPはナビゲーションアプリ
同じ質問について、「減った」「劇的に減った」と回答した割合が16アプリジャンル中で最も多かったのは、「ナビゲーション(路線検索、地図、カーナビなど)」20.2%となった。
出典元:プレスリリース

■スマホアプリの利用時間が半年前との比較で最も増えた年代は、 10代で8割弱

「世界中で新型コロナウイルスの流行となっていますが、半年前の2019年10月頃と比較して、スマホアプリの利用時間はどう変化しましたか?」という質問に対して「劇的に増えた」「増えた」と回答した人を詳細に見てみた。この回答を年代別で見た時に、「劇的に増えた」「増えた」と回答した10代(15歳未満、15〜19歳)はそれぞれ4割弱ずつ、総じて増えた10代が8割弱となった。10代は有意に増えたことがわかる。他の年代で最も多い回答の割合は、 30代以上の「変わらない」が6割前後となっており、10代が顕著に増加したことがわかる。
出典元:プレスリリース

■スマホアプリの利用時間が半年前との比較で増えた人が多い職業、 学生で8割弱、 会社員(事務系)で5割強

この回答を職業別で見た時に、「劇的に増えた」「増えた」と回答した学生は合計8割弱、会社員(事務系)は合計5割強となった。
出典元:プレスリリース

■利用時間が増えたアプリにおいて、クラッシュを不満に感じる傾向が強い職業、会社員・学生

「世界中で新型コロナウイルスの流行となっていますが、半年前の2019年10月頃と比較して、ウイルスの影響で利用時間はどう変化しましたか?」という質問に対して「劇的に増えた」「増えた」と回答したアプリジャンルについて、不満な点や物足りない点を聞いたところ、「強制終了(クラッシュ)する」と答えたのは会社員(事務系)、学生が3割前後と多くなった。
出典元:プレスリリース
調査概要
調査主体:FROSK株式会社
調査時期:2020/04/16〜2020/04/24
調査対象:10歳~69歳の男女661名
調査方法:インターネットリサーチでのアンケート調査
※本調査は、集計の際に性・年代別のばらつきを補正するため、サンプルに重みづけを行っている(ウェイトバック集計)
詳細な結果はこちらからダウンロードできる。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。