Today's PICK UP

「世界のコワーキングサービス カオスマップ 2020年5月版」が公開 計59サービスを掲載

株式会社AnyWhereは、【世界のコワーキングサービス カオスマップ 】を2020年5月29日にリリースした。掲載数は合計で59サービス。
出典元:プレスリリース

■作成の背景

AnyWhereでは、「世界中の誰もが、どこでも豊かに働き生きられる社会へ」をビジョンに、企業の新規事業推進、働き方改革、システム開発、デジタルトランスフォーメーション等に関連する支援業務を行っている。近年のテクノロジーの進歩や、働き方改革推進、テレワークの普及などにより、働く場所や働き方に関連した様々なサービスが登場している。そこで同社も会員である一般社団法人 コワーキングスペース協会監修の下、日本国内外に多数存在するコワーキング領域のサービスを分類したカオスマップを作成したとのことだ。

■カオスマップに関して

本カオスマップは一般社団法人 コワーキングスペース協会監修の下、AnyWhereが独自に作成したものであり、網羅性や正確性を完全に担保していない。ロゴの大きさや配置、掲載数に関しては、業界のシェアとの関連性は一切ないという。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。