Today's PICK UP

シャープ、「AIoT」に対応した乾燥機などを発売 洗濯物の仕上がりの好みを学習する「AI標準コース」を新搭載

シャープは、AIoTクラウドサービス「COCORO WASH」に対応した、プラズマクラスター洗濯乾燥機3機種と全自動洗濯機1機種を発売すると発表した。本シリーズでは、AIoT機能をさらに進化させ、新たに「AI標準コース」を搭載。標準コースの洗濯運転後に専用アプリで洗濯の仕上がりについて評価すると、AIがユーザーの好みを学習し、「AI標準コース」として次回以降の洗濯運転の制御に反映するので、使うたびに理想の仕上がりに近づく。「PWシリーズ」はプラズマクラスター搭載で、頻繁に洗えない衣類の除菌・消臭ができるほか、衣類に付着した花粉が落ちやすくなる効果を新たに実証。また、スタイリッシュな「ガラストップデザイン」と「光るタッチナビ」を採用した。

■主な特長

AIoT機能がさらに進化。洗濯物の仕上がりの好みを学習する「AI標準コース」を新搭載
クラウド上のAIと連携することで、天気や季節に合わせて最適な洗濯方法を提案してくれたり、衣類の種類に合わせて選んだ専用コースをダウンロードして設定したりできる「COCORO WASH」。本シリーズでは、「COCORO WASH」がさらに進化した、「AI標準コース」を新たに搭載した。標準コースの洗濯運転後に、専用アプリから「シワが気になる」「しっかりすすぎたい」など、洗濯物の仕上がりを評価すると、その回答をもとに「AI標準コース」として次回以降の洗濯運転の制御に反映する。また、AIにより成長した洗濯機を、64タイプの動物に例える「AIタイプ別診断」も搭載。自分好みに成長した洗濯機がどのタイプの動物になるか?など、「COCORO WASH」をより楽しむことができるという。
出典元:プレスリリース
頻繁に洗えない衣類を除菌できるプラズマクラスター搭載。消臭・花粉ケア・洗濯槽内のカビ菌も抑制「PWシリーズ」
洗濯槽内にプラズマクラスターイオンを充満させることで衣類を除菌できる。外出から帰宅した後、頻繁に洗えないジャケットや帽子などを、付属のクリップ付きハンガーにかけて除菌することで、翌日も気持ちよく着用できる。また、消臭もできるのでブーツやクッションなどにも最適。さらに、衣類についた花粉が落ちやすくなる効果を新たに実証。スプリングコートなど春先に活躍するアウターにも安心だ。「プラズマクラスター槽クリーン」では、洗濯槽内に送風しながらプラズマクラスターイオンを放出し、カビ菌の繁殖も抑制する。
出典元:プレスリリース
スタイリッシュな「ガラストップデザイン」と「光るタッチナビ」を搭載「PWシリーズ」
本体天面には、継ぎ目のないフラットなフタを採用。スタイリッシュで手入れがしやすい「ガラストップデザイン」は、空間を美しく引き立てる。操作部には、必要なキーと表示だけが光って操作を分かりやすくお知らせする「光るタッチナビ」を搭載している。
出典元:プレスリリース

■その他の特長

・「清潔性」「節水性」に優れた同社独自の「穴なし槽」を採用。「穴なし槽」は、洗濯槽の外槽に水を溜めない構造のため、ムダ水を省くことができるほか、洗濯槽の外側についた黒カビや汚れが洗濯槽内に侵入しないので、いつも清潔な水で洗い・すすぎができるという。また、「PWシリーズ」は「槽の樹脂まるごと抗菌・防カビ加工」で、洗濯物に直接触れる糸くずフィルター、バランサー、パルセーターにAg+成分を配合した抗菌樹脂を採用。菌やカビの繁殖を抑制することで、洗濯槽と衣類のキレイを両立するとのことだ。
出典元:プレスリリース
・毎秒約38,000回の超音波振動で汚れを落とす「超音波ウォッシャー」を搭載。手洗いでは落ちにくいワイシャツの襟や袖の皮脂汚れ、化粧品や食べこぼしなどの部分汚れを、洗濯前に「超音波ウォッシャー」で落とし、「10分洗濯コース」と組み合わせることで、頑固な汚れの洗濯物も短時間で洗い上げる「PWシリーズ」。
・内フタがない同社独自の構造により実現した「WIDEマウス&LOWボディ」を採用することで、大量の洗濯物や重い毛布の出し入れを楽な姿勢で行える「PWシリーズ」。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。