Today's PICK UP

離れた場所でも音声収録や音楽セッションが可能なコラボレーションプラットフォームが提供開始

株式会社メディア・インテグレーションは、Soundwhale社の音声や音楽のコラボレーションプラットフォーム『Soundwhale』の取り扱いを開始したと発表した。
これまで世に出ているアプリケーションを使えばコミュニケーションは可能だが、高音質での録音や映像を同期させた複雑な作業は難しいのが現状だ。Soundwhaleは、リモート環境でも音声収録、オーディオトラックや映像と同期したリモートでのレコーディングやセッションを高音質で実現するソリューションを提供する。テキスト、音声、映像、さまざまな方法で、複数人でのコミュニケーションをとり、ナレーションの録音や高音質での音楽制作、映像を同期させたポストプロダクション、ミックスレビューまで可能にする。音楽や語学のオンライン・レッスンでも、よりクオリティの高い音質で行うことができるとのことだ。

Soundwhaleを通じてストリーミングされるオーディオは、非圧縮のハイレゾリューションオーディオ。また、相手側のDAWソフトウェアのコントロール(再生・タイムラインの同期、レコーディングのスタート、キュー)をネットワーク越しに操作。映像とタイムラインを同期しオーディオ・ポスト作業の遠隔作業を可能にする。

さらにiOSデバイスにも対応し、自宅、スタジオ、移動中、場所を選ぶことなく使用でき、ネットワークが繋がればどんな場所でもレビュー、フィードバックを送ることを可能に。それぞれがどのような場所にいても、まるで同じ場所にいるかのようにコミュニケーション、そして同じスタジオにいるかのようなクオリティで作業を進行できるとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。