Today's PICK UP

リアルとバーチャルを融合させた最先端AR技術を導入した最新型無観客ライブが開催

「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、コロナ禍において渋谷のエンターテイメントを止めない為に、自宅に居ながらも、アーティストのライブやアート展示、トークイベントなど「渋谷」らしいコンテンツを発信・体験できることをコンセプトとしたプラットフォーム「バーチャル渋谷」を2020年5月、非常事態宣言下においてオープンした。さらに「新しい生活様式」に挑戦する音楽カルチャーを応援すべく、最先端テクノロジーを活用した5G時代の動画配信プラットフォーム「SUPER DOMMUNE tuned by au5G」を2020年4月にローンチ。6月14日(日)には同プラットフォームを用いた最初の取り組みとして、ライブ中継時、リアルタイムでARを組み合わせた高画質映像をau 5Gで全世界に配信するFISHMANS AR LIVE「INVISIBILITY」を無観客で実施したと発表した。
本企画は、第69・70回NHK紅白歌合戦を始め、TWICE DOME TOUR 2019 #Dreamdayなどでバーチャル美術セットとARを使用した映像演出を行なったクリエイティブ集団「stu」と「au 5G」の技術を掛け合わせ、「DOMMUNE」主宰である宇川直宏氏のアイデアを具現化したもの。

今回登場してくれたのは、ヴォーカリスト佐藤伸治が1999年に逝去した後、2005年からドラマーの茂木欣一を中心に活動を続けている孤高のバンド、FISHMANS。当日は往年のファンが愛してやまない名曲の数々やデビュー当時の楽曲をもりだくさんで披露。演出面ではリアルとバーチャルを融合させた最先端のAR技術を随所にちりばめた用いた実験的なライブ配信を行った。なお、今後同様のサービスを活用したライブイベントとして、6月24日を予定、アーティストは6月18日公開予定だ。

「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、今後もさまざまなアーティストや音楽業界とパートナーを組み、「SUPER DOMMUNE tuned by au5G」にて動画配信プラットフォームを提供していく予定だという。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。