Today's PICK UP

「TikTok For Business」がローンチ 認知拡大から顧客獲得まで様々なファネルでのビジネス課題の解決を目指す

Bytedance株式会社は、2020年6月25日(木)より、TikTok For Businessがローンチしたと発表した。TikTok For Businessは、従来の広告の枠組みを超えたコミュケーションを通じて、認知拡大から顧客獲得まで様々なファネルにおけるビジネス課題を解決できるプラットフォームとして誕生したという。

■TikTokでブランドの声を広げるための新しいプラットフォーム

同社設立以来、ブランドがTikTokコミュニティと共鳴して成功を収めてきたのは、立派な広告があったりキャンペーンで著名人が登場したからではなく、感情や行動、そして音を通してユーザーをクリエイティブに巻き込み、繋げる能力があったからだという。TikTokの魅力は、創造するチャンスだけではなく、発見し、そして発見されるチャンスもあることだという。TikTok For Businessでは、マーケター達に、発見されるツールと、より広範囲のコミュニティと繋がるためのツールを提供することを目標としているとのことだ。TikTokでは、マーケターはTikTokでしか得られないユニークな機会を利用して、TikTokのコミュニティと繋がり、ブランドを構築し、以下のような目標を達成することができるという。

・規模と創造性:TikTokは、時間を過ごす場所として最適で、さらにマーケターが活用できる成長中のプラットフォーム。TikTokはエンターテイメントをベースとしたプラットフォームで、ユーザーやブランドにストーリーを伝えるための多くのツールを提供している。

・視覚、動作、音:TikTokを使えば、企業はモバイル向けの、音声ありの動画をアップできる。また、音楽、効果音、ボイスオーバー、リアクションなど、多様な音を用いることができる。

・包括的で参加型のコミュニティ:TikTokは「参加する」ことがすべて。参加することで、マーケターはTikTokコミュニティ向け作品を作ることができる。TikTokでは、人々は自分で独自バージョンを作ってしまうほどマーケティングキャンペーンに夢中になり、感化されることがある。ブランドは、キャンペーンが人々に与える影響を実際に体験することができる。

・カルチャーが作られる場所:TikTokは、誰でも、どんなブランドでも発見できるオープンなプラットフォームであり、世界中で何が起きているかを知る機会は無限大だ。TikTokでは、毎日、オープンで包括的な方法で文化が創造されている。

・シームレスで単純なソリューション:同社の製品は、あらゆるマーケティングタッチポイントに対応し、豊かで没入感のあるストーリーテリングを可能にする。すべての製品は、シームレスで全画面のビデオで、ユーザー体験に合わせて自然に表示される。同社は、業界をリードする多くのプロバイダーと協力して、一連の計測ソリューションを構築している。

■Don't Make Ads, Make TikToks

プラットフォームとしてのTikTokは、インスピレーションを与えるためにデザインされているという。真正で、創造性のあるコンテンツがTikTokにはあるとのこと。クリエイティブで軽快で楽しいコンテンツはTikTokならではのもので、同社のコミュニティが様々なコンテンツを歓迎しているのを見て、同社では刺激を受けてきたという。ブランドにとっては、人々に語りかけるようなコンテンツを作成し、コミュニティに会話に参加してもらい、そして、TikTokを作るという、まったく新しい機会が開かれるとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事