Today's PICK UP

名古屋市のマンションに「ロボットコンシェルジュ」を標準装備 管理組合からの連絡や宅配ボックスの荷物をお知らせ

名鉄不動産株式会社、西日本電信電話株式会社 名古屋支店(以下、NTT西日本)、シャープ株式会社、株式会社長谷工コミュニティは、シャープのコミュニケーションロボット「ロボホン」をマンションの全住戸に標準装備し、家族の生活をサポートするコミュニケーションプラットフォームサービスを共同で開発した。第一弾として、新築分譲マンション「(仮称)MMプロジェクト」の全192戸に導入する。
マンション管理会社・管理組合からの連絡や、宅配ボックスへの荷物の受け取り通知などがあると、ロボホンが手をあげて知らせる。問いかけると、通知内容を話す。また、電気料金(概算)やマンション管理に関する簡単な質問などにも、ロボホンが答えてくれる。さらにロボホンとの対話により、エアコンや照明、テレビなどの家電製品、さらにカーテンの開閉操作も可能となる。自宅にいる子どもの様子をロボホンのカメラで撮影し、その映像を外出先からスマートフォンで確認する機能も搭載している。

これらのサービスは、全住戸に標準装備する高速インターネット回線「フレッツ 光ネクスト」やIPoE対応Wi-Fi (R)ルーター、ロボホン、スマートリモコン「eRemote5」を活用する。ロボホンとのコミュニケーションを通じて、様々な機器やサービス、情報などを一元管理することで、より便利で新しい生活を提案するとのことだ。また、新型コロナウイルスなど感染症対策として、入居者と管理員等、マンション内における人と人との接触機会の低減にも対応する。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。