Today's PICK UP

JR東日本、リアルタイム混雑情報提供サービスを拡大 各路線の混雑状況を5段階で表示へ

JR東日本では、快適に駅や列車を利用されるため、スマートフォン用アプリ「JR 東日本アプリ」で山手線の混雑状況をほぼリアルタイムで情報提供している。首都圏の主な線区に、サービスを拡大すべく準備を進めていたが、2020年7月15日より、サービス提供を開始したと発表した。

■混雑状況の利用イメージ

JR 東日本(首都圏)各線区の列車走行位置に表示される列車をタップすると、リアルタイムの混雑状況が5段階で表示される。
※データが取得できない車両で運行する一部の列車は、混雑状況は表示されない。
出典元:プレスリリース

■7月15日から情報提供を開始した線区・区間

東海道線:東京-湯河原
横須賀線・総武快速線:久里浜-千葉
湘南新宿ライン:宇都宮-新宿-逗子、神保原-新宿―小田原
京浜東北・根岸線:大宮-大船
横浜線・根岸線:八王子-東神奈川-大船
南武線:川崎-立川
中央本線:立川-大月
中央線快速電車:東京-高尾
中央・総武線各駅停車:三鷹-千葉
青梅線:立川-青梅
五日市線:拝島-武蔵五日市
宇都宮線:上野-黒磯
高崎線:上野-神保原
埼京線・川越線・相鉄線直通:高麗川-大宮-大崎-武蔵小杉
常磐線快速電車・常磐線:品川-羽鳥
常磐線各駅停車:綾瀬-取手
京葉線:東京-蘇我
武蔵野線:府中本町-西船橋-東京・海浜幕張
上野東京ライン:黒磯・神保原-東京-湯河原、羽鳥-品川

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。