Today's PICK UP

日本三大祭・祇園祭山鉾巡行をデジタルで実施 山鉾のアニメーションが地図上を動くように

凸版印刷株式会社は、新型コロナウイルスの影響で中止となった、日本三大祭の1つである祇園祭山鉾巡行の歴史的な魅力発信や文化価値のさらなる普及を支援するべく、TimeAge株式会社のWeb上で視聴可能な「リモートで愉しむ山鉾巡行2020デジタル祇園祭」に制作協力。2020年7月13日(月)より公開している。また、2020年7月17日(金)と24日(金)の2日間は、山鉾のアニメーションが地図上を動く様子を楽しむことができる。

■実施の背景

新型コロナウイルス感染拡大による影響で、平安時代から開催されてきた日本三大祭の1つである祇園祭の山鉾巡行が今年は中止となった。これを受け凸版印刷は、TimeAgeと一緒にWeb上で山鉾巡行を楽しむことができる「リモートで愉しむ山鉾巡行2020デジタル祇園祭」を企画・制作した。本サービスによって、地図上を山鉾のアニメーションが実際の山鉾巡行さながらに、巡行ルートを動く様子を楽しむことができる。

■「リモートで愉しむ山鉾巡行2020デジタル祇園祭」の特長

・全34基の山鉾を、精緻なアニメで再現
実際の山鉾巡行さながらに、アニメーションの山鉾が地図上を動く様子を閲覧可能。さらに、動いている山鉾を選択すると、その山鉾の詳細情報や過去の写真・映像を楽しむことができる。なお、本サービスは公益財団法人祇園祭山鉾連合会の協力のもと、企画・制作された。

・山鉾巡行の360度画像の視聴が可能
過去に撮影した祇園祭山鉾巡行の様子を、360度VR画像で楽しむことも可能。これにより、あたかも山鉾巡行を見ているかのような、臨場感のある体験ができる。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。