Today's PICK UP

NEC・NTTドコモ・SOMPOホールディングス、介護施設の課題解決に向けた5G実証試験を実施

NECは2020年2月、株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)、SOMPOホールディングス株式会社(以下SOMPOHD)、SOMPOケア株式会社と共同で、介護施設における課題解決に向け、介護付きホームである「SOMPOケア ラヴィーレ舟入(広島県広島市)」にて第5世代移動通信方式(以下、5G)の実証試験を、「介護施設の食堂における入居者の特定と禁食(アレルギー)チェック、および食事時の摂取量記録」というテーマで実施したと発表した。
近年、超高齢社会が進む中で介護人材の需給ギャップと、それによる人手不足が社会課題となっている。こうした状況を踏まえ、介護職員が携わる業務内容および所要時間を調査したところ、食事介助に多くの時間が割かれていることが分かったという。そこで本試験では5Gの活用により「顔認証による来訪者特定」「アラートによる禁食チェック」「食事前後の配膳トレー撮影による摂取量管理の自動化」を実施し、介護職員のピーク時の業務効率化に貢献できることを実証したとのことだ。今後、本結果をもとに介護施設への導入を目指して検討を行うという。

本試験は、株式会社NTTドコモが実施主体となり総務省から請け負った令和元年度5G総合実証試験「屋外環境において複数基地局、複数端末の環境下で、平均4-8Gbpsの超高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」として実施された。
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。