Today's PICK UP

データマーケティングによる「ショールーミング事業」の実証実験が開始 画像認識で購買・非購買顧客のデータを活用

サッポロ不動産開発株式会社は、同社が北海道札幌市で運営する複合商業施設「サッポロファクトリー」において、消費者の購買意欲を予測する最新テクノロジーを活用した実証実験を行うと発表した。
本取り組みでは、商業施設の共用スペースを活用し、SD R株式会社の「データマーケティングによるショールーミング事業」をサッポロファクトリーで2020年7月22日(水)より実証実験の形で展開する。本実験の結果を受け、今後は、展示商品、設置場所、設置什器による取得データをブラッシュアップし、センシング技術と遠隔操作技術を組み合わせた、購買行動を促すことが可能な次世代型のショールーミング事業を目指すとのことだ。

■ショールーミング事業について

商業施設の共用スペースを活用して商品等を展示・販売し、画像認識技術を活用したカメラ内蔵型の可動式什器及び説明員によるヒアリングを通じて、購買・非購買顧客に関するデータを取得・分析、商品展示企業に対してデータを提供する事業。事業運営は、共有スペースを活用したショールーミングストア事業を展開しているSD R社に委託し、今後は、実際の購買行動を促すことや、世の中に出る前の商品プロトタイプを展示することで、マーケティング等の施策に活用できることを視野に事業拡大を目指すという。

■実証実験概要

・内容
「サッポロファクトリー」内の共有スペースを活用して商品等を展示・販売。画像認識技術を活用したカメラ内蔵型の可動式什器及び説明員によるヒアリングを通じて、購買・非購買顧客に関するデータを取得・分析し、実証実験で取得したデータの活用方法を検証する。

・期間
7月22日(水)~8月6日(木)

・設置什器
2台(展示什器:高さ900mm×横745mm×奥行840mm)

・設置場所
サッポロファクトリー内の以下3ヵ所で、数日間毎に場所を変えながら順次実施予定
アトリウムB1、アトリウム1F、フロンティア館2F連絡通路

・個人情報の取扱い及び利用目的について
<取り扱い>
・カメラで撮影した映像は、即座(0.3秒以内)に個人を特定しない属性などを示すデータに処理・加工し、元の映像は破棄する。
・データの利用にあたっては、個人を特定しないデータを使用する。
・取得したデータは次世代型ショールーミングストアが提供するサービスに利用し、目的外の利用及び第三者提供を行うことはない。

<利用目的>
・展示商品の商談に利用するため
・展示商品のマーケティングPRのため
・新しい商品やサービスを開発するためのメーカー企業に対するフィードバックのため
・店舗運営・マーケティングに適用可能な各種データ分析のため
・商業施設・店舗運営に適用可能な各種サービスの開発のため
・本サービスの運営・プロモーション・改善のため

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。