Today's PICK UP

シャープ、スマートオフィスサービスを提供開始 テレワークや業務効率化を支援し、導入から運用までをサポート

シャープは、AIoTプラットフォームを活用したスマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」の提供を開始すると発表した。テレワークや業務効率化を支援する機器・サービスを提供し、導入から運用までをワンストップでサポートする。
本サービスは、COCORO OFFICE対応機器の導入と同時に契約することにより、利用できる。契約すると、COCORO OFFICEを5年間利用できるID(企業ID:1、ユーザーID:5)をライセンスする。第一弾、対応機器としてデジタルフルカラー複合機およびNAS(ネットワーク接続ストレージ)を用意。また、COCORO OFFICEでは、クラウド型Web会議サービス『TeleOffice』やビジネスチャット『LINC Biz』のほか、パソコンのセキュリティ対策や勤怠管理などの各種サービスを提供。ポータルアプリ上で、機器やサービスを一元管理することも可能だという。各機器やサービスに関わる問い合わせには、COCORO OFFICE専用の窓口が対応し、ワンストップでサポート。月々の請求も一括で行うので、支払業務の負荷も軽減できるとのことだ。

今後、対応機器にUTM(統合脅威管理)や電子黒板、パソコン、スマートフォンなどを加えるとともに、COCORO OFFICEのプラットフォームを開放。他社との連携も推進することで、対応機器やサービスのさらなる拡充を図り、企業活動における生産性の向上に貢献するという。
出典元:プレスリリース

■主な特長

1.テレワークや業務効率化を支援するCOCORO OFFICE対応機器とサービスを提供
2.COCORO OFFICEのポータルアプリ上で、機器やサービスを一元管理
3.問い合わせ窓口を一本化。利用料の請求までワンストップでサポート

人気の記事