Today's PICK UP

シャープ、スマートオフィスサービスを提供開始 テレワークや業務効率化を支援し、導入から運用までをサポート

シャープは、AIoTプラットフォームを活用したスマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」の提供を開始すると発表した。テレワークや業務効率化を支援する機器・サービスを提供し、導入から運用までをワンストップでサポートする。
本サービスは、COCORO OFFICE対応機器の導入と同時に契約することにより、利用できる。契約すると、COCORO OFFICEを5年間利用できるID(企業ID:1、ユーザーID:5)をライセンスする。第一弾、対応機器としてデジタルフルカラー複合機およびNAS(ネットワーク接続ストレージ)を用意。また、COCORO OFFICEでは、クラウド型Web会議サービス『TeleOffice』やビジネスチャット『LINC Biz』のほか、パソコンのセキュリティ対策や勤怠管理などの各種サービスを提供。ポータルアプリ上で、機器やサービスを一元管理することも可能だという。各機器やサービスに関わる問い合わせには、COCORO OFFICE専用の窓口が対応し、ワンストップでサポート。月々の請求も一括で行うので、支払業務の負荷も軽減できるとのことだ。

今後、対応機器にUTM(統合脅威管理)や電子黒板、パソコン、スマートフォンなどを加えるとともに、COCORO OFFICEのプラットフォームを開放。他社との連携も推進することで、対応機器やサービスのさらなる拡充を図り、企業活動における生産性の向上に貢献するという。
出典元:プレスリリース

■主な特長

1.テレワークや業務効率化を支援するCOCORO OFFICE対応機器とサービスを提供
2.COCORO OFFICEのポータルアプリ上で、機器やサービスを一元管理
3.問い合わせ窓口を一本化。利用料の請求までワンストップでサポート

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。