Today's PICK UP

エーザイとDeNA、認知症に備えるアプリを提供開始 ユーザーのライフログから、ブレインパフォーマンスに良い習慣づくりを支援

エーザイ株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーの子会社であるDeSCヘルスケア株式会社(以下、ディー・エヌ・エーグループを総称してDeNA)は、エーザイが構築を進めている認知症領域のデジタル・プラットフォームについて、その基盤となるアプリの共同開発および認知症領域の課題解決・支援を目指す業務提携契約に基づき、認知症に備えるためのブレインパフォーマンスアプリ「Easiit(イージット)」(以下「Easiitアプリ」)の提供を2020年7月28日(火)に開始したと発表した。本アプリの提供開始により、エーザイ認知症プラットフォームEasiitが本格始動したという。
認知症領域で35年以上にわたる創薬及び事業活動の経験を有するエーザイと、ゲームやスポーツのノウハウを活用し「楽しみながら、健康に。」をテーマに、ヘルスケアサービスの提供・行動変容の実績を有するDeNAの両社は、共同開発した「Easiitアプリ」で脳と体の健康データを可視化し、ブレインパフォーマンスの維持サポートや生活に役立つ情報提供などを通じた生活者のより良い健康習慣への貢献を目指すとのことだ。両社は「Easiitアプリ」の機能拡張などを含め、デジタル・プラットフォームにおける連携を引き続き進める。
出典元:プレスリリース

■Easiitアプリ共同開発と提供開始の背景

エーザイでは中期経営計画「EWAY2025」において、「Medico Societal Innovator(薬とソリューションで社会を変える企業)」として、新薬の創出に加え、社会を変えるイノベーションの実現を目指している。特に認知症領域においては、医療機関、診断薬開発企業、研究機関やバイオベンチャーに加え、民間保険、金融、フィットネスクラブ、自動車メーカー、小売業、介護施設などと連携して、新たな便益を届ける「認知症エコシステム」の構築を目指しているという。その基盤となるのが、認知症プラットフォームEasiitだ。参加する当事者の情報(データ)を取得し、エーザイが有するノウハウ・経験や臨床データなどの独自データセットと併せ、関連法令を遵守した形でデータ解析することで、様々な予測やアドバイスといった新しい便益を当事者に返すことを目指しているとのことだ。

DeNA は、ヘルスケア事業において、病気になってから治す「シックケア」から病気を未然に防ぐ「ヘルスケア」への転換を実現し、「健康寿命」を延ばすことを事業理念に掲げている。これまでゲームやスポーツの領域で培った、利用者を楽しませ継続利用を促す独自のノウハウを活用し、インターネットを活用した様々なヘルスケアサービスを提供している。

近年、様々な研究において、定期的な運動やバランスの良い食事などの生活習慣を見直すことにより、脳の健康度低下のリスクを減らす可能性が示されているが、エーザイの調査によれば、正しい予防行動を理解している人や認知機能をチェックしている人は少なく、それらの習慣化に向けて大きな溝(キャズム)が存在している。キャズムの解消に向けたエーザイのデジタル・プラットフォーム事業の中核となるのが脳とカラダの健康データの可視化による健康習慣促進への貢献を目指す「Easiitアプリ」(非医療用)だという。本アプリは、両社の強みを活かして共同開発したもので、今回、ファーストバージョンとして提供を開始した。

■ブレインパフォーマンスアプリ「Easiit(イージット)アプリ」

「Easiitアプリ」では、ユーザーの歩数・食事・睡眠・体重の記録(ライフログ)をもとに、週替りで食事内容や運動(歩数)などに関する個別推奨メニューが提示され、さらにそれらのメニュー実施記録から、ブレインパフォーマンスによい行動や習慣について独自のスコアリングが行われる。スコアの変化や内訳などを確認し、ブレインパフォーマンスに良い習慣作りをサポートする。特に食事の記録については、食事写真をアップロードすると、自動で料理メニューを判定し、カロリーと11栄養素を年齢性別に合わせた基準値とともに表示するため、食事管理が手軽にできる。また、アプリを利用するたびにEasiitマイルが貯まり、貯まったEasiitマイルはギフト券などへの交換が可能だ。他にもウェアラブルデバイスとの連携、睡眠時間の記録などの機能を通じ、「Easiitアプリ」は、ブレインパフォーマンスに良いと考えられる習慣づくりを支援する。また、「Easiitアプリ」のすべての機能は個人情報保護体制のもとで、設計・開発および運営がされているという。
出典元:プレスリリース

人気の記事