Today's PICK UP

野村総研、AI画像解析ソリューションの提供を開始 3密回避のため「マスクを着用しているか」等をAIカメラが自動認識

株式会社野村総合研究所(以下、NRI)は、オフィスにおける新型コロナ感染対策を推進するため、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の先端技術を活用し、個人情報の保護に配慮した安全・安心なAI画像解析ソリューション「NRI AI Camera」を開発し、顧客企業や社内での実証実験を行ってきた。今回、その成果を集約し、オフィス向け製品「NRI AI Camera for Office」を2020年7月31日より提供開始すると発表した。
NRIはこれまで、大規模データ分析や処理を通じ、顧客企業の経営課題解決を支援してきた。今回、企業にとって大きな課題のひとつである「withコロナ」「afterコロナ」でのビジネス活動再開に寄与するため、新型コロナ感染予防を目的とする本ソリューションを開発・提供する。具体的には、執務エリアや会議室等、オフィス内における3密回避のため、従業員が「マスクを着用しているか」「近接していないか」等、AIカメラが自動的に認識し、音声で注意を促す。AIカメラが撮影した画像データは、エッジコンピューティング技術によってカメラ端末側で破棄し、解析後のデータのみをクラウド側へ連携する。クラウド側ではAWSの多様なサービスを活用することで、高度なビジュアライズ・分析を可能にする。NRIは本ソリューションを会議室に導入しており、今後、全オフィスへ展開する予定だという。
出典元:プレスリリース

■個人情報の保護に配慮したAI画像解析ソリューション「NRI AI Camera for Office」

本ソリューションは、AWSのAI(人工知能)およびエッジコンピューティングのソリューション群である「Amazon SageMaker」と「AWS IoT Greengrass」を活用し、個人情報の保護に配慮した安全・安心な画像認識・分析を実現。本ソリューションの特長は、次の3点だ。

・「Amazon SageMaker」で画像認識・分析用AIモデルをエッジコンピューティング用に最適化
・最適化されたAIモデルとIoT(モノのインターネット)の実行環境である「AWS IoT Greengrass」をカメラ端末にインストールし、端末上で撮影した画像を分析
・顔等の個人情報に関連する撮影画像は、カメラ端末から外部に出力せず、個人情報を除外した分析のデータ(「性別」「年齢」等)だけを出力

このように、クラウドやサーバ上でのAI処理ではなく、端末(エッジ)に閉じた環境でAI処理を行うことが特長だ。そのため、クラウドやサーバに個人情報が蓄積されることがなく、機微情報の漏洩リスク等を最小化することができるという。また、本ソリューションはカメラ端末がWi-FiやLTE等のワイヤレスネットワークに直接接続できるため、端末の電源のみで設置が可能であり、敷設場所を選ばない点も特長のひとつだ。AIモデル等のアップデートも遠隔(リモート)から実施可能で、敷設後の維持管理はほとんどをリモートメンテナンスにより行える等、利便性にも富んでいるとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事

ニュースアプリで全都道府県の「K値」をリアルタイムに表示 新型コロナウイルス「第二波」の兆候を確認できるように

ニュースアプリで全都道府県の「K値」をリアルタイムに表示 新型コロナウイルス「第二波」の兆候を確認できるように

株式会社JX通信社は、同社が運営する速報ニュースアプリ「NewsDigest」上で、全国と都道府県ごとのK値(週あたりの感染者増加率)を表示する機能の提供を開始した。「K値」は、警戒される第二波の兆候をいち早く掴むために有効な指標として行政の状況把握にも活用されている。