Today's PICK UP

「全国人流グラフ」が全面リニューアルし、一般公開 全国9業種の店舗周りと主要都市の人流変化が一目でわかるように

クロスロケーションズ株式会社は、自社開発する位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「Location AI Platform(以下、LAP)」の新機能で、任意の地点・エリアの人流変化をモニタリングし視覚化する「Visit Analysis(ビジットアナリシス、訪問推計速報)」を用いて、日本全国の主要業種・業態別の店舗周辺と、主要都市の人流変化を素早くかつ容易にウェブサイト上で確認可能な「全国業種・業態&主要都市人流グラフ」を全面リニューアルし、自社ウェブサイトで一般公開したと発表した。
出典元:プレスリリース
今回のリニューアルでは、主要9業種に加え、政令指定都市などを中心に60ヶ所に大幅拡大、それぞれの人流変化を前日比・昨年比(%)で表示している。また、各業種、各都市のボタンをクリックすると、直近1か月の推移と昨年同月の推移を確認できる。データおよびグラフは毎日更新され、”前日24時までのデータが翌日13時頃に反映される”ため、準リアルタイムで変化を確認できる。コロナ渦により外出自粛と緩和が繰り返される中、位置情報ビッグデータの解析から、誰でも身近な各種店舗周りの人の流れの変化でトレンドを知ったり、都市への人出の様子を知ることができるようになった。

「全国業種・業態&主要都市人流グラフ」で対象としている主要業種は、全国のコンビニ・スーパー・ホームセンター・ファミレス・ドラッグストア・家電量販店・テーマパーク・百貨店・ファストフードの9業種。9業種の全国店舗リストよりランダムサンプリングを行い、そのデータを、Location AI Platform(LAP)に登録し、人々の移動の匿名位置情報ビッグデータとの相関関係を独自数理処理により集計し、分析・グラフ化して、業種業態別に表示している。一方、都市別の人流グラフにおいては、全国の主要60都市の人流変化を一度に確認可能になった。コロナウイルス感染拡大の影響により起きている都市別の人出の変化を比較したり、大都市圏と地方中核都市の違いなども確認可能になった。
出典元:プレスリリース

人気の記事