Today's PICK UP

「音声配信サービス業界カオスマップ」2020年版が公開 音声配信やPodcast、SNSなど57サービスが掲載

株式会社Voicyは、計57サービスをまとめた「音声配信サービス業界カオスマップ」の2020年版を公開した。

■カオスマップ作成の背景

1.音声業界の拡大と参入プレイヤーの増加
アメリカやヨーロッパ、中国などのアジア各国では既に数年前から音声業界が盛り上がっており、日本でも2019年から続々と音声業界へ参入する企業が増えてきた。しかし、急激な拡大と今までにない新しい業界であることから網羅的な情報が乏しく、音声配信サービスの利用者は何を利用すれば良いのかわからない状態となっていた。そこで、これから音声配信サービスを利用したいと考えている個人や企業が、サービスの発見や比較検討に役立てることができるよう「音声配信サービス業界カオスマップ」を作成したとのことだ。

2.音声業界のさらなる成長へ
2016年に創業した株式会社Voicyは、音声配信サービス業界のリーディングカンパニーとして音声業界とともに更なる成長を遂げていきたいと考えているという。Voicyは音声配信サービスの中でも「音声メディア」という位置付けであり、独自の商標である「ボイスメディア」は人が持つ豊かな表現方法の一つである「音声」を中心にコンテンツの配信をおこなうメディアのことを指している。このようなサービス一つ一つの特徴を多くの人が知るきっかけにしたいとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。