Today's PICK UP

京急電鉄、放置物をAIで自動検知するシステムを導入へ AIが形状や放置された時間などを読み取り、放置物かどうかを判断

京浜急行電鉄株式会社(以下、京急電鉄)は、テロ防止対策のために、防災・防犯カメラの設置、京急電鉄職員やガードマンによる駅の巡回、ポスターや構内放送による利用者への注意喚起、協力依頼をおこなっているが、さらなる安全対策として、2020年8月8日(土)から羽田空港第1・第2ターミナル駅において、放置された物を人工知能(AI)で検知するシステムを導入すると発表した。
このシステムは、AIと連動する防犯カメラが、さまざまな角度から撮影した映像をもとに、AIが形状や放置された時間などを読み取り、放置物か否かを判断する。検知した場合は、自動的に駅事務室で警報を発報し、必要に応じて駅係員や警備員が駆け付け対処し、危険物と判明すれば警察に通報する。
出典元:プレスリリース

人気の記事