Today's PICK UP

日立グループ、建設業の働き方改革と生産性向上を支援する「建設業向けソリューション」を提供開始 AIやIoTなどのデジタル技術を活用

株式会社日立ソリューションズは、AI(人工知能)やIoT、画像解析、高精度位置測位などのデジタル技術で、建設現場の新常態(ニューノーマル)における働き方と生産性向上を支援する「建設業向けソリューション」を2020年8月6日より提供開始すると発表した。
日立ソリューションズはこれまで、スマートデバイスやIoTを活用し、調査・測量から検査・点検、遠隔支援、安全管理まで、フィールド業務を支援するソリューションを提供してきた。社会インフラ、建設業、建設機械業の企業や自治体と協創し、建設現場が直面する課題解決に取り組むとともに、国土交通省の研究会にも事務局として参加し、建設業界のデジタルトランスフォーメーションを支援している。今回、これまでの経験やノウハウを、建設現場の新常態における働き方改革と一層の生産性向上を実現する「建設業向けソリューション」として新たに体系化した。

■背景

人口の少子高齢化を背景に、建設業界では、若年層の労働者不足対策や熟練者の技術継承、労災の増加抑制などが課題となっている。企業では、このような課題を解決するため、建設現場の働き方改革やデジタル技術を活用した生産性向上(i-Construction)に取り組む動きが加速している。海外では、最新デジタル技術を駆使して建設現場に革新をもたらすConTech(建設テック)という流れが生まれているという。これまで日立ソリューションズは、スマートデバイスやIoTを駆使して、建設現場における働き方改革と生産性向上を支援する利便性の高いシステムやサービスを開発・提供することで、建設テックに取り組んできた。今回、これらのシステムやサービスを建設プロセスと建設現場の業務に沿って展開し、「建設業向けソリューション」として新たに提供することになったという。

■「建設業向けソリューション」の特長

1. 建設現場の働き方改革や生産性向上の推進を支援
建設現場で必要とされるプロジェクト管理、検査・点検、図面管理、安全衛生の分野で、建設現場の働き方改革や生産性向上の推進を支援。

2. デジタル技術を活用した建設テックのソリューションを採用
日立ソリューションズが建設テックに取り組むなかで生まれたソリューションを体系化した。今秋に販売開始予定の「StructionSite」は欧米企業において多くの実績があり、国内の建設現場での活用が期待されるサービスだという。今後、国内外で注目される建設テックのスタートアップの最新ソリューションも取り入れて拡充していく。

3. 建設業における経験とノウハウを生かした豊富なラインアップ
日々の建設現場で熟練が必要な多種多様の作業をサポートする検査・点検分野の豊富なラインアップから、画像解析、高精度位置測位のコア技術と建設業の業務ノウハウをベースに、建設現場で熟練者のノウハウが必要な作業をサポートするソリューションを顧客のニーズに合わせて提供する。

■ソリューション体系マップ

出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。