Today's PICK UP

電池で高齢者の見守りを実現する新アプリがリリース リモコンなどに入れるとアプリで操作状況把握できる

ノバルス株式会社は、「MaBeeeみまもり電池(MB-3103WY)」の対応アプリ「MaBeeeみまもり電池アプリ(iOS/Android)」をリリースすると発表した。同社の「MaBeeeみまもり電池サービス」は、高齢者のみまもりを、電池1本で可能とする手軽なみまもりサービス。家庭にあるテレビリモコンや照明リモコン、センサーライトなどの電池を、「MaBeeeみまもり電池」と入れ替えるだけで、離れて暮らす家族のリモコン等の機器操作状況をスマートフォン経由(専用アプリ)で確認し、安否を知ることができる。
出典元:プレスリリース
・「みまもり電池」をリモコン等の電池ボックスに装着し、見守られる側のスマートフォンと「みまもり電池」をBluetoothで接続することで「みまもり電池アプリ」を介して見守る側のスマートフォンにリモコン等の操作状況を通知する仕組み。
・「みまもり電池」がリモコン等の機器の電池電流の変化を検出することで、その使用状況をキャッチできる。
・見守る側、見守られる側、それぞれのスマートフォンに「みまもり電池アプリ」をインストールした上で利用できる。

■みまもり電池サービスの特徴

1.「監視されているような感覚」を低減できる見守りサービス
見守られる側がリモコン等を操作すると、見守る側のスマートフォンにその利用履歴が通知されるため、離れて暮らす家族などの日々の安否確認が可能。見守られる側は、普段使っているリモコン等を使うだけでよく、見守りカメラにあるような「監視されているような感覚」が低減されるサービス。

2.特別な機器や工事も不要、簡単に利用開始の設定が可能
「みまもり電池サービス」の利用開始は、パソコンやスマートフォンから申し込むだけで、簡単に設定が可能だ。特別な機器や設備、工事なども不要。

3.繰り返し利用可能な「MaBeeeみまもり電池」
「MaBeeeみまもり電池」は市販の単3電池形状の乾電池型のデバイス。みまもり電池本体内に単4電池を装着して使用する。乾電池と同様の扱いでリモコン等にセットでき、電池が切れても繰り返し利用可能。

4.大幅にバージョンアップした専用アプリ「みまもり電池アプリ」
出典元:プレスリリース
(1)最大6名まで登録可能なトークルーム機能
トークルームに最大6名までグループを登録でき、高齢者を家族の皆で見守ることが可能だ。普段は一般的なメッセージアプリと同様にチャットでの会話が可能。

(2)電池使用情報を通知するアラート通知機能
リモコンなどの使用状況を検出し「毎朝見ているテレビ番組を今朝は見ていない」など、普段と異なる場合にトークルームに通知する。また、電池残量の低下を検知した場合にはアラートを通知する。

(3)生活リズムをモニタリング
普段の使用(動作)状況が常に記録される。日々の暮らしを見守るリアルタイムモニターと過去の生活履歴と比較して変化を察知する過去推移モニターにより、生活のリズムの変化をいち早く検出する。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。