Today's PICK UP

学校の勉強と社会課題を一緒に学べるオンライン学習サービスがリリース 動画・スライド・クイズを組み合わせた教材で在宅学習を支援

スタディメーター株式会社は、2020年8月4日(火)に、高校生向けのオンライン学習サービス『スタディメーター』を発表した。スタディメーターでは、Webサイト上で閲覧できるオンライン教材を1講座500円(税抜)で購入し、学習することができる。動画・スライド・クイズを組み合わせたオンラインならではの学びやすい教材で、1人の在宅学習でも確実に実力をつけることができるという。

■学校の勉強と社会課題を一緒に学べる『探求コース』

本サービスの最大の特徴は、学習指導要領に準拠した知識を活用してSDGs(Sustainable Development Goals)とつながる社会課題に取り組む『探求コース』。探求コースの1つである『社会課題で学ぶAIプログラミング入門』では、高校1年生の数学で学ぶ『2次関数』の知識を応用して、2030年における世界の二酸化炭素排出量を予測したり、その分析を実行するAIプログラミングの技術を学ぶことができる。学校の勉強を現実の課題とつなげて学ぶことで、教科への興味を深めるだけでなく、2021年より始まる大学入学共通テストで求められる思考力を養うことができるとのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■初学者が教科書レベルをマスターできる『基礎コース』

初学者や知識に不安がある生徒のために、教科書基礎レベルの知識を独学で習得できる基礎コースも併せて提供する。基礎コースと探求コースを受講することで、教科書基礎レベルから大学入学共通テストに対応できる学力・思考力を独学で身に着けるられるカリキュラムになっている。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。