Today's PICK UP

LINE、美容ポータルサイト「lacore(ラコレ)」をオープン AIがユーザーの好みにあった商品やコンテンツをパーソナライズして提供

LINE株式会社は、自分にマッチしたコスメや美容情報が簡単に見つかる美容ポータルサイト「lacore(ラコレ)」をオープンしたと発表した。
LINEでは、「CLOSING THE DISTANCE」というミッションのもと、「LINE」を入り口として、オンライン・オフライン問わず、24時間365日いつでもどこでも、人・情報・サービス、企業・ブランドとシームレスに繋がり、全てが完結する「スマートポータル戦略」を展開している。2017年にスタートしたショッピングサービス「LINEショッピング」では、現在会員数が3,500万人を突破、3億点以上の商品を取り扱い、参画ショップ数も300店舗以上に及ぶなど、ユーザーと店舗との多くの出会いを創出しているという。

昨今の新型コロナウィルス感染拡大に伴い、特に化粧品販売店舗では、購入前に化粧品を自分の顔や肌に試しに塗ってみる事ができる“タッチアップ”の行為を現在禁止している店舗が多く、「自分の肌やテイストにあった商品を選択できるか不安」といった声も多く上がっている。今回、新たに開始する美容ポータルサイト「lacore(ラコレ)」は、自分にマッチした化粧品や美容情報などをLINEから簡単に見つける事ができるとのことだ。イエローベース、ブルーベースなどのパーソナルカラーや肌質、年齢など登録時に入力した情報やサイト内の行動履歴に応じて、AIがユーザーの好みにあった商品やコンテンツをパーソナライゼーションして提供する。

また、商品ごとの口コミやレビューなど、利用者のリアルな声を事前に確認する事ができる他、お気に入りの商品やブランド、ビューティコラム等を「My lacore」と呼ばれるブックマークページに保存する事もできるので、自分だけのオリジナルの美容ブックを簡単に「lacore」内に作成する事も可能だ。
出典元:プレスリリース

■気に入ったコスメは、そのまま購入可能。LINEポイントを還元

購入金額に応じて「LINEポイント」を受け取ることができ、貯まったポイントは次回の購買時に“1ポイント=1円”として使うことはもちろん、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」やLINEスタンプの購入などに、利用する事もできるため、自分に合ったコスメをよりお得に楽しく買うことができる。参画ブランドには、国産ミネラルコスメ「エトヴォス(ETVOS)」や「UZU」、オーガニックヘアケアブランド「john masters organics」、韓国コスメブランド「MISSHA」、EC限定の新ブランド「SKIO」など合計14ブランドの商品を展開する他、今後も人気のコスメブランドが多数参画を予定しているとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。