Today's PICK UP

ソフトバンク、ビックカメラで「Pepper」による遠隔接客の実証実験を開始

ソフトバンクロボティクス株式会社は、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した遠隔接客の実証実験を、2020年8月17日から9月22日まで東京都内のビックカメラ3店舗のGoogle コーナーで実施すると発表した。
ソフトバンクロボティクスは、2020年7月からビックカメラのGoogle コーナーで、「Pepper」を活用した商品紹介やクーポン発券などの非対面接客を実施してきた。その結果、コーナーの前を通る人の2割以上が足を止めて、「Pepper」の接客を受けることが分かったという。

これを受けてソフトバンクロボティクスは、「Pepper」によるGoogle 商品のデモンストレーションや、「Pepper」をオペレーターが遠隔操作して利用者のニーズにより細やかに応えられる機能を追加し、人と接触せずに「Pepper」だけで商品紹介からクロージングまでを行う実証実験を開始する。遠隔での接客には、法人向けの「Pepper for Biz 3.0」で標準提供している「遠隔応答」を利用する。

【実証実験の実施概要】
期間: 2020年8月17日(月)〜9月22日(火)
場所: 東京都内のビックカメラ3店舗(有楽町店、新宿西口店、立川店)のGoogle コーナー
実施内容:「Pepper」によるGoogle Nest Hub、Google Nest Hub Max、Google Nest Miniの商品紹介、関連クーポン発券、商品体験、オペレーターによる遠隔サポートなど
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。