Today's PICK UP

AIが受注確率や営業リスクを予測するサービスが提供開始

株式会社マツリカは、AIによる営業案件の受注予測機能「Senses Insight」を2020年8月17日より提供開始すると発表した。Senses Insightとは、Sensesに蓄積された営業データから、各案件ごとの受注(成約)確率を予測・提示する機能。AIが利用企業ごとの最新のデータで学習し続けていくことで、より精度の高い案件の見極めや、リスク検知が可能になるという。

■Senses Insight - データに基づく営業戦略やコミュニケーションが可能に

新機能「Senses Insight」では、今までに蓄積された組織の営業データをAIが分析し、各案件ごとに受注確率や営業のリスクを提示することを可能にした。これにより、利用企業ごとに営業データを活用して、オンラインの営業下でも、ロジカルかつ持続的な営業戦略の構築やコミュニケーションが実現できるという。

・Senses Insightの特徴
① 契約確率の予測:営業案件の現状の契約確度を分析し、想定されるリスク要因とともに提示する。
② 類似案件の抽出:過去の事例を情報として活用し、類似の受注案件を提示する。
③ 次のアクションをおすすめ:現状から受注に近づけるために有効な、次のアクションを提示する。

■開発背景 - オンライン営業における「コミュニケーションの変化」は喫緊の課題

昨今の新型コロナウイルス対策として急増するテレワークによる営業活動では、対外的な商談等に限らず、対内のコミュニケーションに関しても、オンラインベースの新しい手法の確立が求められている。例えば、従来は商談現場に上司が同行し、隙間時間などで行っていたフィードバックも、対面での会話が減少することで細やかに実施することが難しくなる。また、移動時間が減るだけ数が増えるWeb商談では、上司は全てをチェックすることが困難になる。チーム内の情報やナレッジ共有も「場所」に依存する紙やExcel、対面でのOJTといった手段では行き詰まっていくとのことだ。

まだ正解がないオンラインの営業活動では、このような対面ベースのコミュニケーションの方法を変えていく必要があるという。それには、自分たちで学び、検証・改善の施策を打っていくための「データ」が非常に重要になる。組織内でデータが蓄積されていくことで、場所や時間にとらわれず、部署内でフィードバックを行うことや、属人化を解消し、チーム全体で情報やナレッジを即座に共有することが可能になる。今回の新機能「Senses Insight」は、日々の営業活動を入力するだけで、受注するために、または失注しないために、現場のメンバーが何をすればいいのかを教えてくれる。これにより、組織が積極的にデータを溜めてPDCAをまわし、オンラインでもオフラインでも環境を問わずに、さらに強い営業組織になるためのサポートが実現できるとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。