Today's PICK UP

三越伊勢丹HD、体験型シューズテーマパークを伊勢丹新宿店で開催

株式会社三越伊勢丹ホールディングスは家族で楽しめる体験型シューズテーマパーク「ISETAN靴博2020」を伊勢丹新宿店で開催すると発表した。

■家族でも楽しめる体験型コンテンツ

まずは自身の足を知る、デジタル計測から広がる靴との新しい向き合い方

3Dスキャナーに片足約5秒足を乗せるだけで足の立体的なデータを360度プロファイルする。足長(サイズ)や足幅(ワイズ)はもちろん、土踏まずの長さ、踵の幅、親指や小指の角度など、詳細を3Dでデータ可視化。自分では認識しきれない足の形状がわかるユニークな体験だという。
出典元:プレスリリース
計測データからタブレット上でシームレスにレコメンドを受けることも可能。足に合った木型の靴がリストアップされ段階的な適合度を参考にしながら試着したい靴を選べる。三越伊勢丹アプリを使えば、自宅に帰ったあともスマートフォンでデータを見ることができる。

歩き方をAIが解析し点数化
歩行を解析し、自分に合った歩き方を教えてくれる。会場で4歩歩くだけで深度カメラを用いて歩き方を解析し、自分では見えない歩き方を可視化する。簡単に歩き方をチェックでき、自身に合った綺麗に歩けるアドバイスをもらえる。
出典元:プレスリリース
会場内では、靴との出会いを根本から変える体験ができる。ともにキッズ(小学生以上)も体験可能で、アトラクション感覚で家族で足の形と歩き方をデータで知りシェアするのも楽しみのひとつだ。それは靴との付き合い方を転換する新しい基準になるかもしれない。

夏休みの締めくくりに、家族で楽しみながらSDGsを学ぶ。
キッズも参加できる「JASON MARKK/ジェイソンマーク」のシューシャイン(靴磨き)体験で物を大切にする心を育んだり、ジェンダーフリーを提唱する「fascination/ファシネーション」の28cmまでの大きいサイズのパンプス体験や購入も可能。日常に隠れている大変さに気づき、理解することを楽しみながら学べる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。