Today's PICK UP

「データ活用に関する意識調査」、約8割の企業が「メタデータ管理が必要」という結果に

株式会社オージス総研は、従業員数300名以上の国内系・外資系日本法人332社に対して、「企業のデータ活用に関する意識調査」を実施し、結果を公表した。
DX推進が加速する近年において、メタデータ管理の必要性についての関心が高まっている。メタデータとは、データそのものではなく、そのデータを表す属性や関連する情報を記述したデータのこと。オージス総研による調査の結果、勤務先の企業および所属組織でのメタデータの管理の必要性について、「今すぐに必要」「ここ数年以内に必要」「将来的に必要」と感じているという回答合計が77.9%。また、メタデータ管理のためのツール導入に対する関心度や検討状況については、「関心があり検討中」もしくは「関心はあるが具体的に検討までには至っていない」という回答合計が43.9%と、データマネジメントないしはデータの活用に対して多くの企業が問題意識を持っていることが分かったという。

グラフ1:メタデータの管理の必要性についての回答
出典元:プレスリリース
グラフ2:「メタデータ管理」のためのツール導入に対する関心度・検討状況の回答
出典元:プレスリリース
「企業のデータ活用に関する意識調査」について
楽天インサイトから従業員数300名以上の国内系・外資系日本法人332社に対し、メタデータ管理状況、DSAMニーズ等、34項目にわたる調査、2019年12月実施。(IT・情報通信・マスコミ・官公庁・自治体等除く)

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。