Today's PICK UP

ラクスルとイデア・レコードが業務提携、外食企業のDXを推進へ

株式会社イデア・レコードは、印刷・集客のシェアリングプラットフォーム事業サービスを提供するラクスル株式会社と業務提携し、ラクスルが手掛けるポスティングや新聞折り込みなどのエリアマーケティング商材の提供を開始すると発表した。
本提携により、クリエイティブ制作から印刷、ポスティングまでワンストップでのサービス提供を実現する。また、管理コストを削減し、ベストプライスでの案内が可能となる。さらに、従来は横断化が難しかったオンライン(WEB)広告とオフライン(チラシ配布・ポスティング等)それぞれの効果測定など両社の協力体制を強化することで、コロナ渦における販促計画や広告の見直しなど外食企業の業務負荷の軽減とマーケティング戦略の最大化へと貢献する。

今回の業務提携により実現する主な内容は以下のとおり。

・ワンストップでベストプライスを実現
出典元:プレスリリース
・業務改善ソリューション「GATE」と連動し、オンラインとオフライン両方の広告効果測定を実現
出典元:プレスリリース
・受発注業務のプラットフォーム化を可能に
出典元:プレスリリース

■コロナ禍における広告課題と今回の取り組み

昨今の飲食店の広告はウェブサイトやSNS、動画など、いわゆるオンラインマーケティングが主流だ。ところが、新型コロナウイルス感染症の流行により、デリバリー・テイクアウトといった中食の需要が増え、飲食店の近隣エリアへのチラシ配布・ポスティングなど紙媒体での広告が重視されるようになってきた。同社はこれまで、8000店舗飲食店のWebサイトをはじめとし、ポスター、ポスティング、メニューブックのクリエイティブ制作を請け負ってきた。ラクスル社の提供する印刷・集客のプラットフォームサービス「ラクスル」は、オンライン上で印刷から配布までワンストップで完結できるサービス。今回の提携を通じて、今後はそれらの制作物の印刷や配布までワンストップで請け負うことにより、飲食店の業務負荷を軽減するだけでなく、コストや納期の調整など顧客の要望に沿った広告戦略を実現する。

また、同社が提供する業務支援ソリューション「GATE」と連携することにより、飲食店利用者の購買行動情報のビッグデータを活用したオンライン広告の情報をオフライン(紙媒体)にも運用でき、効果測定が曖昧になりがちだったオンラインとオフラインの広告ソリューションをワンストップで実現する。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。