Today's PICK UP

ヨネックス、従業員向け「AIチャットボット」を全社導入

株式会社エーアイスクエアは、従業員向けAIチャットボット「AI人事総務」をヨネックス株式会社へ導入し、全社公開を開始したと発表した。
今回の取り組みは、ヨネックスが中期経営計画に掲げている「自動化の推進とAI、IoTの活用」の一環で、業務効率化や利便性を目的とし、従業員サービスのさらなる向上を狙ったもの。新型コロナウイルスの影響でニューノーマルな働き方が注目を集め始めた2020年3月よりプロジェクトを開始、従業員約100名を対象にテスト導入、2020年8月3日に全社公開に至ったという。

「AI人事総務」 は、AI自動応答システム「QuickQA」に、人事・総務部門に関連したQ&Aテンプレート約7,500セットを搭載したパッケージ製品で、今回の取り組みにおいても、担当者の準備負荷を最小限にし、早期導入を実現したとのことだ。

・「AI人事総務」について
「AI人事総務」は、人事・総務部門への問い合わせ自動応答に特化したチャットボット。人事・総務部門に関連したQ&Aテンプレート約7,500セットを搭載しており、導入初期から高い正答率を実現する。24時間365日、質問に回答することが出来、従業員をより付加価値の高い業務に従事させることが期待できる。

・「AI人事総務」の主な特徴
単純な一問一答型のチャットボットと異なり、複雑な問い合わせにも対応できる機能が充実している。
(1)Q&Aテンプレートが約7,500セットあり、一からQ&Aを作成する必要がない
(2)導入初期から高い正答率を実現
(3)Q&Aやシナリオの設定・変更は管理画面から容易に操作が可能
(4)同一質問に対して個別の回答を返すことが可能(回答出し分け機能)
(5)シナリオと一問一答を組み合わせ、回答範囲の絞り込みが可能

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。