Today's PICK UP

ヨネックス、従業員向け「AIチャットボット」を全社導入

株式会社エーアイスクエアは、従業員向けAIチャットボット「AI人事総務」をヨネックス株式会社へ導入し、全社公開を開始したと発表した。
今回の取り組みは、ヨネックスが中期経営計画に掲げている「自動化の推進とAI、IoTの活用」の一環で、業務効率化や利便性を目的とし、従業員サービスのさらなる向上を狙ったもの。新型コロナウイルスの影響でニューノーマルな働き方が注目を集め始めた2020年3月よりプロジェクトを開始、従業員約100名を対象にテスト導入、2020年8月3日に全社公開に至ったという。

「AI人事総務」 は、AI自動応答システム「QuickQA」に、人事・総務部門に関連したQ&Aテンプレート約7,500セットを搭載したパッケージ製品で、今回の取り組みにおいても、担当者の準備負荷を最小限にし、早期導入を実現したとのことだ。

・「AI人事総務」について
「AI人事総務」は、人事・総務部門への問い合わせ自動応答に特化したチャットボット。人事・総務部門に関連したQ&Aテンプレート約7,500セットを搭載しており、導入初期から高い正答率を実現する。24時間365日、質問に回答することが出来、従業員をより付加価値の高い業務に従事させることが期待できる。

・「AI人事総務」の主な特徴
単純な一問一答型のチャットボットと異なり、複雑な問い合わせにも対応できる機能が充実している。
(1)Q&Aテンプレートが約7,500セットあり、一からQ&Aを作成する必要がない
(2)導入初期から高い正答率を実現
(3)Q&Aやシナリオの設定・変更は管理画面から容易に操作が可能
(4)同一質問に対して個別の回答を返すことが可能(回答出し分け機能)
(5)シナリオと一問一答を組み合わせ、回答範囲の絞り込みが可能

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。