Today's PICK UP

サッカー観戦のDXを推進するサッカークラブ専用アプリがローンチ

PARTYは、サッカー観戦をデジタル・トランスフォーメーションする新会社「Stadium Experiment(スタジアム・エクスペリメント)」を設立すると発表した。
「Stadium Experiment」から、各サッカークラブに最適化した専用アプリを通じてヴァーチャルでのサポート観戦を実現する「スタジアムアプリ」を開発・提供する。スタジアム観戦・リモート観戦を問わずサポーターたちのクラブ・選手への応援を届け、コロナ禍の影響で観客減が想定されるサッカークラブや団体のサポートを行なう。

第1弾として、9月から順次運用開始を予定するJリーグ加盟4クラブとパートナーシップを締結。共にトライを繰り返しながら、各クラブに特化したアプリとしてサービスを提供していくという。本格提供に向けて、9月5日からJFL 奈良クラブで試験運用するとのことだ。

■「スタジアムアプリ」について

スタジアムとサポーターの熱狂を可視化し、サッカー観戦がもっと楽しくなるサポーティングアプリ。
出典元:プレスリリース
主な機能

1. サポーティング機能
サービス内通貨である「サポート」を購入し、選手やプレーの一つ一つに対して、デジタルグッズを介した応援を届ける「サポーティング」が可能。
出典元:プレスリリース
2. 3Dアバター機能
CyberHuman Productionsとの提携による3Dスキャン技術を活用して選手やサポーターのアバターを作成し、本サービスでしか実現不可能なリッチな演出が可能になる。
出典元:プレスリリース
3. チェックイン機能
ゲーム当日にスタジアムに来場しチェックインをすると「サポート」を入手できる。店舗と連動し、地域の活性化につながるプラットフォームとして活用できる。
出典元:プレスリリース
4. ヴァーチャルスタジアム機能(第2弾)
サポーター自身も3Dアバターをもち、ヴァーチャル空間で一緒に楽しめる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。