Today's PICK UP

JALとパナソニック、アバター式リモート案内サービスの共同実証実験を開始

日本航空株式会社(以下、JAL)とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(以下、パナソニック)は、非接触・非対面でも高品質な接客を実現するため、パナソニックが提供するアバター式リモート案内サービスを用いた共同実証実験を開始すると発表した。
今回の実験では、利用者から離れた場所にいる係員がディスプレイ上のアバターを通し、出発ロビーや搭乗口にて案内を実施する。アバターは操作している係員の表情を認識・反映するため、リモートによる非接触・非対面ながらも表情豊かで、対面に近い案内が可能だ。また、定型登録された係員の案内時の動作や、搭乗順パネルの提示などを組み合わせることで、よりわかりやすい案内を実現する。

<実証実験概要>
日時:2020年9月14日(月)~9月25日(金)
場所:羽田空港第1旅客ターミナルビル内JAL国内線搭乗口の一部、航空券予約・購入・変更カウンター(40番)
台数:4台

JALではテクノロジー活用によるJAL SMART AIRPORTを展開しており、本取り組みにおいて空港での安全・安心な環境づくりを強化し、利用者が安心して利用できるサービスの実現だけでなく、社員の働き方の選択肢を増やすことによる持続可能な職場環境の実現を目指す。

パナソニックは、製造業で培った知見・ノウハウを活かし現場業務プロセスを改革する『現場プロセスイノベーション』を掲げ、さまざまな現場の課題解決し、企業の経営課題解決を支援している。空港・航空業界のような社会インフラを支える現場にも、パナソニックはあらゆるサービスで課題解決に取り組む。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。