Today's PICK UP

富士通、自動車ビッグデータを活用する車載カメラ映像解析プラットフォームを販売開始

富士通株式会社は、コネクテッドカーから収集される自動車ビッグデータを活用してサービスを提供する事業者向けに、車載カメラ映像解析プラットフォーム「FUJITSU Future Mobility Accelerator Digital Twin Analyzer」(以下、「Digital Twin Analyzer」、デジタルツインアナライザー)を2020年9月25日より販売開始すると発表した。
「Digital Twin Analyzer」は、株式会社富士通研究所が開発した、映像解析を行うAI画像認識技術と、自車および周囲物の高精度三次元位置推定技術により、車載カメラ映像を解析し価値あるデータに変換することで顧客のデジタルトランスフォーメーションを支援する。本製品により、刻々と変化し続ける、歩行者や車両・道路・建物といった実世界空間の三次元位置・軌跡情報を高精度に推定することができるため、車両状態や交通状況のタイムリーな分析、予測が可能となる。また、解析ロジックを変更・追加することで地物検知や事故状況解析といったユースケースに適用できるため、様々な業種サービスに活用することが可能だ。同社は2021年2月より、北米や欧州地域も含めたグローバル展開を予定しているという。

■背景

近い将来、コネクテッドカーが爆発的に増加し、走るセンサーである車両から集まったCANデータやドライブレコーダー映像など様々なデータを活用することで、自動車の開発のほか、交通監視や地図、保険といった様々なモビリティサービスへ活用範囲の広がりを見せると期待されている。

その中で、同社は、実世界で刻々と変化し続ける車両や道路などの情報をデジタル世界上に再現することを目的としたモビリティデジタルツイン実現に向け、2019年10月に、実世界の車両データや天気情報などの様々なデータをリアルタイムにデジタル空間上に再現・分析することができるストリームデータ処理基盤「Digital Twin Utilizer」の提供を開始した。そして今回、モビリティデジタルツイン実現に向けた製品の第2弾として、車載カメラ映像を活用して自車の周囲状況を高精度に把握することで、デジタル空間上に再現できる実世界情報を格段に広げることができる「Digital Twin Analyzer」を提供し、自動車ビッグデータを活用した様々なモビリティサービスの実現を支援する。

■「Digital Twin Analyzer」の特長

「Digital Twin Analyzer」は、車載カメラ映像を解析するAI画像認識技術と、自車および周囲物の高精度三次元位置推定技術を実装した車載カメラ映像解析プラットフォーム。同社のAI画像認識技術は、画像から車両や白線、信号機といったオブジェクトを認識するだけでなく、乗用車やバス、トラックといった車両の種別、横断歩道やセンターラインといった白線の種別などの詳細属性まで認識できる。また、例えば信号機などその時々での変化があるオブジェクトについては、オブジェクトをトラッキングすることで、色などの変化を検知・記録することが可能だ。

また、高精度三次元位置推定技術は、AI画像認識技術で認識したオブジェクトおよび自車の三次元位置を正確に把握することができ、車載カメラの設置条件や種類によらず、市販のドライブレコーダーなどでも高精度に推定することが可能だ。

さらに、他のAI画像認識エンジンや、データを新たな価値に変換するロジックを容易に取り替えることができるため、顧客のニーズに合わせたサービスを提供することが可能だ。

■ユースケース

・損害保険業務の効率化・高度化
事故発生時の車載カメラ映像を解析することで、事故発生時の自車進行軌跡や信号の色変化・横断歩道の有無といった事故状況を自動で解析でき、効率的な事故対応が可能な自動車保険サービスを提供できる。

・道路管理業務の高度化
車載カメラ映像から、事故や障害物の落下など道路上で発生しているイベントを正確な位置情報とともに自動検知できるため、レーン別規制など細やかな交通管制サービスを提供できる。

・ダイナミック情報提供サービス
車載カメラ映像から、建物や店舗の入れ替わりといった実世界の状況を検知して、個人の嗜好に合わせた情報をタイムリーに地図上に表示する情報提供サービスを提供できる。

人気の記事