Today's PICK UP

LINE ヘルスケア、オンライン診療サービスを11月に提供開始

LINE株式会社と、エムスリー株式会社の共同出資により設立した合弁会社であるLINEヘルスケア株式会社は、新たに、クリニックの検索・予約から実際の診察・決済まで、全てLINE上で完結できるオンライン診療サービス「LINEドクター」を2020年11月より提供開始すると発表した。また、「LINEドクター」の導入費用・月額費用が0円で利用できる医療機関向けプラン「Basic Plan」の事前登録も受付を開始する。
LINEヘルスケアでは、昨年の12月よりLINEで直接医師に相談できる「健康相談サービス」の提供を開始、病院に行く前の不安や自宅でのセルフケアなどについて多くの相談があり、相談リクエスト数は、累計で30万件を突破しているという。

新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けて、厚生労働省は電話や情報通信機器を用いた診察等の時限的・特例的な取り扱いとして、初診からのオンラインでの診察対応が可能となった。オンライン診療は、高齢者の通院の負担解消や近くに病院が無い地域に住んでいる人にも、平等な医療の提供ができる一方で、ユーザー側の導入ハードルの高さや医療機関側の導入のコストの負荷等が、オンライン診療浸透の課題の1つとして挙がっている。

今回、新たに11月に提供を開始する「LINEドクター」は、LINEビデオ通話を利用して、医師の診察を受ける事ができるオンライン診療サービス。新たなアプリをダウンロードする必要も無く、クリニックの検索・予約から、診察、そして決済まで、LINEアプリ上でシームレスに行う事ができる。オンライン診察を利用するための追加手数料は一切かからず、ユーザーは診察費のみで利用することが可能だ。

■オンライン診療サービス「LINEドクター」概要

出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。