Today's PICK UP

豊洲スマートシティで「防災チャットボット」の実証訓練を実施

株式会社ウェザーニューズが参画するAI防災協議会は、2020年9月13日、豊洲スマートシティ推進協議会が主催する『豊洲スマート防災訓練2020』において、SNSを活用した対話型災害情報流通基盤システム「防災チャットボット(SOCDA、ソクダ)」の実証訓練を実施する。
『豊洲スマート防災訓練2020』は、国土交通省の「スマートシティモデル事業先行プロジェクト」及び東京都の「スマート東京(東京版Society 5.0)の実現に向けた先行実施エリアプロジェクト」に基づいて実施され、災害時に住民間で迅速かつ的確に情報共有を行うことを目的としている。今回の訓練に向けて、同社はLINEを通して住民同士が「安否確認」と「避難支援」の情報を共有できる新たな機能を開発した。「防災チャットボット」はこれまで、自治体と市民間のコミュニケーションツールとして実証実験・訓練を重ねてきたが、今回初めて、近隣の住民同士の災害状況の把握や助け合いのツールとして活用される。なお、コロナウイルス対策として訓練は完全リモートで行われる。

■住民同士の安否確認、災害前の避難を促す新機能を開発

「防災チャットボット」は、AIチャットボットがLINEを通して自律的に被災者とコミュニケーションを取り、対話の中から避難場所、不足物資、被災状況などの災害関連情報を自動で抽出・集約し、被災者に必要な情報を自動で提供するシステムとして開発してきた。また、これまで自治体が市民の状況を迅速に収集し、適切な情報を提供するコミュニケーションツールとして実証実験・訓練を重ねてきた。さらに、今回の訓練は災害時に住民間で迅速かつ的確に情報共有を行うことを目的としており、「防災チャットボット」が初めての住民同士の自助共助を促すコミュニケーションツールとして用いられる。そこで、同社はマンションごとの安否を住民同士で把握できる「安否確認」と、適切なタイミングで住民の避難行動を促す「避難支援」を新たに開発および実装した。
出典元:プレスリリース
<安否確認機能>
住民の安否をアンケート形式で聞き、リアルタイムに自動で集計する。集計された結果は、地図上に表示され周辺住民の安否を確認できる。
今回の訓練では、豊洲周辺のマンションごとの安否情報を共有し、身の回りに困っている人がいないかなどの情報を把握することで、住民同士の自助共助をサポートする。
今後は質問の内容や選択肢を健康状況、避難要否などの集計に用いることで、住民同士の安否確認だけでなく、自治体職員による安否確認業務や避難所ごとの情報集計などへの活用も見込まれる。

<避難支援機能> 
事前に利用者ごとに属性や居住地を登録することで、AIチャットボットが適切なタイミングで避難の指示を行い、避難行動を促す。さらに、最寄りの避難所の推薦や、避難時の注意事項のお知らせ等、避難所到着までの利用者の行動をサポートすることで、安全な避難をサポートする。また、自治体が避難したかどうかの確認を行うことで、避難所ごとの混雑状況の集約など、避難所や避難者管理にも利用できる。
出典元:プレスリリース
『豊洲スマート防災訓練2020』概要
・日時   :令和2年9月13日(日)10~11時 
・実施主体:豊洲スマートシティ推進協議会(担当企業:清水建設㈱、日本電気㈱)
・対象   :東京都江東区豊洲1~6丁目の住民、就労者、その他関係者(参加は任意)
・訓練内容:スマートフォン・LINEアプリを活用したリモート参加による防災訓練(チャットボット・AI活用による情報集約・共有訓練)
出典元:プレスリリース

人気の記事