Today's PICK UP

LINEで日時指定チケットの販売ができるサービスが提供へ

株式会社インフォメーションクリエーティブは、LINEで日時指定チケットの販売ができる【時間制来館者システム】の開発に取り組み、2020年10月にサービス開始を予定していると発表した。
今年に入り、新型コロナウィルスの影響で、公演・イベントの延期や中止、入場規制等が相次いだ。周囲から「日時指定の入場管理システムはないですか?」との問合せがあり、この状況下で「私たちだからこそできる入場管理システムはなんだろう?」と検討を重ねてきたという。現在、同社が取り扱っている、LINEと連携した座席指定ができる【チケットfor LINE Hybrid】が好評を得ており、このLINE機能に再注目をした。ユーザーと強い繋がりを持つLINEのプラットフォームの特性を活用し、日時指定入場チケット販売の開発に乗り出すことにしたとのことだ。

このシステムの特徴として、
・日時指定の予約システムが簡単に導入可能
⇒初期費用0円、月額固定なので、予想外のコストが発生する心配がない

・チケット購入者や友だち登録した人に新着情報を一発配信
⇒コロナによるイベント延期や営業時間変更等の情報はもちろん、新着イベントやお得なお知らせも直ぐ通知ができる

・各時間帯の人数制限機能付き
⇒運営側で時間枠ごとに入場人数を管理することで、混雑緩和、ソーシャルディスタンスの確保ができる

・購入からチケット受け取り、入場までスマホだけで完結
⇒スマホに送られてきたQRチケットを読み取ることで、非接触入場が可能

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。