Today's PICK UP

Amazon、車載デバイス「Echo Auto」を日本で販売開始

Amazonは、2020年9月25日(金)、「Amazon Echo Auto」の販売開始を発表した。
Echo Autoは、乗用車やトラックといった自動車に設置して、Amazonが提供する音声サービスAlexaを手軽に体験できるEchoシリーズ初の車載デバイスです。Echo Autoを利用することで、これまで自宅のみで利用していたAlexaの便利な機能を車内でも楽しむことができる。新登場のEcho Autoの価格は4,980円(税込)で、Amazon.co.jpにて予約受付を開始し、 9月30日(水)より出荷開始を予定しているという。

Echo Autoは、スマートフォンのAlexaアプリを介してインターネットへ接続し、Alexaとハンズフリーで対話できる車載デバイス。車内の音響特性を考慮して設計された8つのマイクアレイを搭載しており、カーオーディオからの音楽、エアコンの音、運転中の騒音などが騒々しい車の中でも、利用者の話しかける声にAlexaがスムーズに応答する。シガーソケットもしくはUSBポートから給電して、デバイスを3.5mmオーディオケーブルまたはBluetoothでカーオーディオにつなぎ、付属のエアベントマウント(送風口用アタッチメント)を使用して設置する。利用開始時の初期設定や、その後の設定変更などはAlexaアプリで行うことができる。

Echo Autoでは運転中にAlexaに話しかけて、Amazon Music、Apple Music、Spotifyなどから音楽をストリーミング再生したり、ニュースを聞いたり、電話をかけたりすることができる。Kindleストアから購入した本を読み上げたり、車での帰宅途中に明日の予定を確認したり、車内から自宅のAlexa対応のスマートホーム家電を操作したりすることもでき、道路から注意をそらさずに運転しながら音声のみでこうした操作を行うことが可能だ。

Echo Autoはこれまでに開発された3,500以上のAlexaスキルにも対応しており、車内でAlexaに話しかけて「アルクの英語クイズ」で英語を学習したり、「講談社のディズニースーパーゴールド絵本」で同乗する子どものために物語の読み聞かせをしたりすることもできる。またAmazon Musicが提供するポッドキャストにも対応している。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。