Today's PICK UP

ソフトバンクとヤフー、 B.LEAGUEの試合をYahoo!プレミアム会員向けに提供へ

ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、2020-21シーズンのB.LEAGUE開幕戦から、B.LEAGUEを中心としたバスケットボールライブ中継サービス「バスケットLIVE」の一部コンテンツを、Yahoo! JAPANが運営するスポーツ総合サイト・アプリ「スポーツナビ」内で、「Yahoo!プレミアム」会員向けに提供すると発表した。
「バスケットLIVE」は、B.LEAGUEの公式戦全試合(B1、B2)、日本代表戦、W.LEAGUEなどのライブ中継を試合開始から終了まで視聴できるサービス。「Yahoo!プレミアム」会員向け特典として、ソフトバンクの専用ウェブサイト・アプリで提供している。

今回、「バスケットLIVE」で配信している一部コンテンツを、「スポーツナビ」内で提供することが決定した。「スポーツナビ」内で提供することにより、ライブ中継と「スポーツナビ」上で公開しているボックススコアなど試合の詳細情報をシームレスに閲覧できるようになる。

また、2020年10月2日(金)に開催される2020-21シーズンのB.LEAGUE開幕カードである、アルバルク東京 対 川崎ブレイブサンダースの試合を、「バスケットLIVE」「スポーツナビ」で無料配信する。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。