Today's PICK UP

大和ハウス工業とNEC、施工現場のデジタル化に向けた遠隔管理の実証実験を開始

大和ハウス工業株式会社と日本電気株式会社(以下、NEC)は、2020年10月1日、施工現場のデジタル化に向けた遠隔管理の実証実験を開始すると発表した。
建設業では人手不足の深刻化とともに高齢化の進行が大きな問題となっている。国土交通省によると、建設業就業者の3割超が55歳以上である一方、30歳未満は約1割にとどまり、新規の入職者数も減少傾向にある。また、国土交通省では就労環境改善のために作業員の4週8休を推進しており、雇用確保の観点からも労働時間の削減が喫緊の課題となっているという。

そのような中で大和ハウス工業では、ロボットの採用や新工法の開発など施工現場で働く作業員の負荷を低減し、職場環境の改善に努めてきた。そして今回、大和ハウス工業とNECは施工現場における現場監督者や作業員の業務効率・安全性を向上させるため、デジタルデータを活用した実証実験を開始する。実証実験では、大和ハウス工業の施工管理手法と、NECのAIを活用した映像分析技術・システム構築力を組み合わせ、施工現場の遠隔管理を実現するとのことだ。
出典元:プレスリリース

■施工現場の状況を遠隔管理できる「スマートコントロールセンター」の設置

実証実験では、大和ハウス工業の本社や東京本社、福岡支社など全国10カ所の事業所に、戸建住宅の施工現場を遠隔管理できる「スマートコントロールセンター」を設置し、2020年10月より運用を開始する。「スマートコントロールセンター」は、複数の施工現場映像や作業員のデータを一元管理できるシステム。施工現場に設置されたカメラやセンサーなどからデータを収集し、センターに配置する モニターを通じて遠隔管理する。これにより、各センターでは常時5カ所の施工現場における品質管理や安全管理などを遠隔から実施することができる。施工現場でも、現場監督者や作業員などの関係者がタブレットやスマートフォンなどから、集約された情報を共有することで、コミュニケーション支援や作業効率の向上につなげる。

■AIとデジタルデータを連携させた作業効率化や危険検知

実証実験では、施工現場の映像をNECのAI技術で分析し、工事の進捗管理や作業員の安全性向上、健康管理に関するデジタル化と、その有効性の検証を行う。工事の進捗管理では、掘削やコンクリートの打設など工程の進捗状況をデータベース化することで、工場での部材生産や物流倉庫からの部材輸送などの工程の最適化を目指す。安全面では、作業員や建機、部材などの位置情報をデータベース化することで、建機による巻き込み事故や部材の落下事故などの危険を事前検知する。また、NECの「建設現場顔認証forグリーンサイト」と連携し、作業員の入場実績と体温・血圧等のバイタルデータを組み合わせることで、作業員の健康管理・安全性向上にも取り組む予定だという。

人気の記事