Today's PICK UP

富山市、訪日外国人向けAIチャットボットを導入

株式会社ビースポークと富山市役所は、2020年10月1日より、訪日外国人向け AI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot」のサービスを、富山市にて開始したと発表した。
「Bebot」の強みである人間らしさ溢れるコミュニケーションを通じて、富山市の魅力を発信すると同時に、ウィズコロナ時代の新たな観光ニーズをチャット履歴から特定し、訪日旅行の再開に備えるという。

■導入経緯

富山市では年々増加傾向にある外国人観光客の満足度向上を図るため、以下への対応が課題となっていた。
・富山駅周辺に滞留する外国人のまちなかへの移動促進
・路面電車の魅力と利用方法の伝達

コロナウイルスの感染拡大後は、上記の課題に加え、ニューノーマルへの対応も避けては通れない状況となった。人々を「AからBへ動かす」ことを得意とするBebotを活用することでこれらの課題解決を目指すべく今回の導入に至ったとのことだ。

■提供サービス概要

提供開始日:2020年10月1日(木)
提供先:富山市役所
対応言語:英語
利用者:富山市への旅行を検討している外国人、及び富山市を旅行している外国人
利用方法:
(1)富山市観光協会のウェブサイトからアクセス
(2)富山市内各所に設置されたQRコードをスキャンしアクセス
出典元:プレスリリース

■想定効果

(1)インバウンド需要回復前
富山市観光協会の英語版ウェブサイトにて、Bebotを利用した外国人に対する富山市の情報発信とアンケート調査を実施し、旅マエ旅行者の興味がどこにあるのか等のニーズの特定及び対応自動化による業務効率化。(富山市に訪れる可能性や期待すること等)

(2)インバウンド需要回復後
富山駅周辺で滞留している外国人に対して非対面/非接触で情報を提供し、移動を促進。路面電車駅周辺の観光スポットや飲食店などを勧めることでの送客や、路面電車の混雑時間帯を知らせることでのソーシャルディスタンスの確保。

本事業をインバウンド需要回復前から取組むことにより、需要回復後、富山市内の事業者や市民と考え方・生活様式の異なる外国人観光客との間で発生し得る混乱やトラブルの予防・対策に加え、ニューノーマルに基づく持続可能なツーリズム環境の構築への貢献を目指す。

人気の記事