Today's PICK UP

東北大学とKDDI、大学発ベンチャー企業などの創出・成長支援を通じた地域の人づくりに関する連携協定を締結

国立大学法人東北大学とKDDI株式会社は、大学発ベンチャー企業などの創出・成長支援を通じた地域の人づくりに関する連携協定を2020年10月8日に締結したと発表した。
東北大学は、2030年までに大学発ベンチャー100社の創出を目指しており、学部生・大学院生を対象とした文部科学省次世代アントレプレナー育成事業 (EDGE-NEXT)、官民イノベーションプログラムによる出資事業、起業家育成拠点である「東北大学スタートアップガレージ (TUSG)」の運営を行いシームレスなベンチャー企業支援に取り組んでいる。

KDDIは、これまで東北大学が主催するイベント「東北大学ビジネスプランコンテスト」への協力、東北6県を対象とした起業家の成長支援プログラム「Tohoku Future Builders」の開催などを通じて、地域のベンチャー企業の成長に向けて、交流・協力を行ってきた。また、2020年8月には仙台高等専門学校や仙台市と協定を締結し、今後、仙台だけではなく東北地域のベンチャー企業や起業家の支援を通じて、地方創生に資する地域の人づくりに取り組んでいくという。

本協定を通じて、東北大学が有する大学発ベンチャー企業などの支援基盤に、KDDIが有する5G・AI・IoTなどの先端技術や長年のベンチャー企業支援の経験を掛け合わせ、東北大学が主催するプログラム・イベントやKDDIの共創パートナー企業と連携を図りながら、学生の起業マインド醸成から起業時の各種サポート、そして、起業後の各種成長支援をシームレスに成長ステージに応じた大学発ベンチャー企業などの支援を実施するとのことだ。

■本協定の内容

1. アントレプレナーシップ教育を通じた起業マインドの醸成
【取り組み検討事項】
・KDDIによるDX、5G、AIなどに関する特別講義の実施
・KDDI DIGITAL GATEによるデザイン思考をベースとしたアジャイル開発コーチングの開催
・パートナー企業との連携による起業のためのオンラインコンテンツ配信

2. 大学発ベンチャー企業などの創出支援
【取り組み検討事項】
・TUSGと連携し、5Gを活用した起業家育成オンラインイベントの共同開催
・東北大学ビジネスプランコンテストの開催支援
・KDDIのテクノロジーを活用した共同実証の実施

3. 大学発ベンチャー企業などの成長支援
【取り組み検討事項】
・KDDI∞LABOなどのKDDIが企画する事業共創イベントへの参加
・ビッグデータを活用したマーケティング事例紹介などKDDIアセットを活用した支援
・パートナー企業と連携した資金調達支援

人気の記事