Today's PICK UP

「モバイルオーダー導入店へのアンケート調査」の結果が公開

株式会社dinii (以下、ダイニー) は、2019年末より全国に展開するモバイルオーダーPOS「ダイニーセルフ」導入企業に向けて満足度調査を実施。モバイルオーダー導入の成果や可能性についてまとめ、発表した。

■モバイルオーダー導入時について

出典元:プレスリリース
導入店舗にとっては「新規オペレーションの構築」「既存レジの置き換え」となるため、導入時は変更点が多く負担がかかる。その負担を解消するよう、同社ではレジ/ハンディ/キッチンプリンターそれぞれのデバイスを常に監視するシステム構築をしており、電源抜けや問題がある機器を検知する保守体制を組んでいるという。導入の際はスタッフ研修、運用後の問い合わせに関してCS(カスタマーサクセス)チームがほぼ専属で対応する為スムーズな導入を実現しているとのことだ。

■モバイルオーダー利用者について

出典元:プレスリリース
正式リリースより1年弱だが、どこの導入店もモバイルオーダーオペレーションだけでの運営には至っていない。価値を感じる顧客と抵抗がある顧客のどちらの意見も聞きながらサービスの改善に努めているという。

■ダイニーセルフの評価

出典元:プレスリリース
店舗内で新たなオペレーション構築が必要があるなか、モバイルオーダーを導入した店舗ですでに価値を感じている企業もあれば、顧客データ活用や未開発の機能に期待する企業もあるという。
出典元:プレスリリース
今後の活用イメージについて
単なる「コスト削減」「業務効率化」だけでなく、「サービスの向上」「顧客満足度向上」を目指して運用する店舗が非常に多く、同社のサービス開発と店舗での運用の掛け算によって新たな飲食店運営が実現できることを期待しているとのことだ。
アンケート概要 【モバイルオーダーPOS:ダイニーセルフ 導入満足度調査 第一回】
調査概要
・調査形式 : インターネット調査によるアンケート
・調査対象:「モバイルオーダーPOS:ダイニーセルフ」導入社
・回答者:導入決裁者/マネージャー/店長
・回答数:15(エリア/業態問わず)
*導入店舗業態:レストラン(高級/カジュアル)/カフェ/居酒屋/大衆酒場/定食

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。