Today's PICK UP

Amazon、オンデマンド・プリントサービスを日本で開始

Amazonは2020年10月21日(水)、世界で展開するオンデマンド・プリントサービス「Merch by Amazon」(マーチ バイ アマゾン)を日本で開始した。
Merch by Amazonは、ブランドや作品の製作者となるクリエイターがオリジナルの作品をアップロードし、Amazonが商品上にプリントして顧客に届けるオンデマンド・サービス。クリエイターによる先行費用や投資、在庫管理などが一切かからないのが特徴だ。

クリエイターがオリジナルの作品をアップロードし、Amazonに登録すると、最短で数時間以内にAmazonプライム対象商品として販売が開始される。クリエイターの作品に注文が入ると、Amazonはその作品を商品に印刷して顧客に発送する。注文に応じて、クリエイターにロイヤリティを支払う仕組みだ。日本を拠点とするクリエイターは、一度作品を登録すると、日本のみならず、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインのAmazonサイトでも販売することが可能となるため、海外のAmazonの顧客にも作品を届けることができる。

顧客は、ストアページにて、様々なデザインの中から商品を選ぶことができる。日本では、「NBCユニバーサル」「クレヨンしんちゃん」「KONAMI」「サンリオ」「StompStamp」「パックマン」「バンダイ」「ベイブレード」「マイリトルポニー(My Little Pony)」「モンチッチ」「MONDO TV」「LINE FRIENDS」などのキャラクターやブランドをはじめ、本サービスを展開している他国のクリエイターが登録した数十万点以上のセレクションを、Amazonプライム対象商品として買うことができる。

また、日本でのMerch by Amazon の開始に合わせて、BAD MOODクリエイターで、アーティストのFukase氏をはじめ、Q-TA氏、白濱イズミ氏、Takako Noel氏、田中達也氏、Tezzo Suzuki氏といったミュージック、ファッション、アートの分野で注目を集める6名が作品を提供する。また、着用モデルとして石川恋氏、Tetsu氏、クリス-ウェブ佳子氏とBeniさん親子、内藤朝美氏を起用している。

アマゾンジャパン バイスプレジデント ファッション事業本部 統括本部長 ジェームズ・ピータース氏は次のように述べている。
「この度、日本を拠点に活動するクリエイターの皆様のデザインを世界中のお客様にお届けできるAmazonのサービス、Merch by Amazonを日本でもご提供できることを大変嬉しく思います。サービス開始にあたり、素晴らしい作品をご提供いただいたすべてのクリエイターとブランドの皆様に感謝申し上げます。Amazon Fashionは、今後も、お客様にわくわくしていただけるような商品をご提供していくとともに、ファッションのお買い物に新たなイノベーションを起こし、ファッションやデザインのコミュニティの活力となるような支援を続けてまいります」

■Merch by Amazonについて

・日本での開始年月:2020年10月
・商品展開と色:
出典元:プレスリリース
・アカウント登録料・システム利用料:無料
※現在、アカウント登録は招待制。招待のリクエスト、アカウント登録、システム利用には、amazon.com(米国)のアカウントが必要。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。