Today's PICK UP

東急線全線88駅で「探し物トラッカー」を導入

Tile Inc.が提供する探し物トラッカー「Tile」ならびに、検知システム「Tileアクセスポイント」を活用した追跡サービスが、2020年10月26日(月)より、東急線全線88駅ではじまる。これにより、鉄道や駅の忘れ物も、Tileで検知可能となった。
本サービスでは、東急線の88駅の窓口に、常時「Tile」のBluetooth電波を拾う「Tileアクセスポイント」を設置することで、「Tile」を取り付けた鍵や財布などの忘れ物が駅窓口に届けられると、自動かつ匿名で接続し、位置情報を持ち主のアプリに通知する。その結果、電車内や駅構内での忘れ物を早期に発見することができる。

今回のサービス開始に際して、Tile Inc.のアジアセールスヘッドであるKar Yee Fransham氏は、次のようにコメントしている。
「当社にとって、日本の鉄道会社で初となる東急電鉄株式会社との取り組みが実現し、大変光栄です。当社の技術によって、東急線を利用する方々が、落とし物の心配をせず過ごせるよう貢献したい。」

Tileは、世界195の国と地域で使用され、累計販売台数3,000万台を記録する米国シェアNO.1の探し物トラッカーだ。同社は、Tileを付けた持ち物が屋外でも発見されやすくなるように、駅など落とし物・忘れ物が発生しやすい場所を中心に「Tileアクセスポイント」の設置・拡充を推進している。本サービスの導入は、2018年7月から東横線・田園都市線渋谷駅で実施された「Tile」試験導入の結果、一定の効果が見込めるものと判断され、実現したとのことだ。
出典元:プレスリリース

■サービス概要

東急線の88駅の窓口に、常時「Tile」のBluetooth電波を拾う「Tileアクセスポイント」を設置することで、「Tile」を取り付けた鍵や財布などの忘れ物が駅口に届けられると自動かつ匿名で接続し、位置情報を持ち主のアプリに通知するサービス。
※自動通知サービスを利用するためには、Tileユーザーは無くしたアイテムをTileアプリ上で選択し、「見つかったら通知」を押して、紛失物として登録する必要がある。
出典元:プレスリリース
【運用開始】2020年10月26日(月)
【設置場所】東急線全線 合計88駅
(東横線・目黒線・田園都市線・大井町線・池上線・東急多摩川線・こどもの国線・世田谷線)
 ※こどもの国線:恩田、こどもの国を除く
 ※世田谷線 :西太子堂、若林、松陰神社前、世田谷、宮の坂、山下、松原を除く
【Tile製品一覧】(※一部)
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。