Today's PICK UP

ヤマハ、歌って会話するコミュニケーションロボットのプロトタイプを公開

ヤマハ株式会社は、言葉をメロディにのせて会話するコミュニケーションロボット『Charlie(チャーリー)』のプロトタイプを開発したと発表した。2020年10月27日(火)より公式ウェブサイトで公開。また、今後モニターなどでさらに開発を進め、2021年春の発売を目指す。
今回公開する『Charlie』は、歌でユーザーとコミュニケーションをとる、“うたロボ”だ。同社が持つボーカロイド技術や自動作曲技術等を活用し、ユーザーが話しかけると、ミュージカルのように「おはよう」や「ありがとう」等の言葉はもちろん、普段の相談事や雑談等もメロディにのせて返答する。歌で返答することによって、ユーザーの気持ちをリラックスさせ、心を緩めるようなコミュニケーションができるのが特徴だ。こうしたコミュニケーションを通して日常生活の中での「聴く」「演奏する」以外の「音楽との新しい関わり方」を提供する。

『Charlie』には性格があり、ユーザーの問いかけに素直に答えるだけでなく、時には前向きにユーモアを交えたりしながら、自らの意思を持って返答する。また、人が近づくと、『Charlie』から自発的に話しかけることもある。『Charlie』が発する言葉の内容と、約30種の音楽ジャンルに基づいた曲調は連動しており、例えば明るく楽しい雰囲気の会話ではアップテンポのポップス、のんびりとした会話ではスローテンポのボサノバ調など、言葉と曲調で『Charlie』の感情を表現する。

『Charlie』は仕事もプライベートも充実させたい働く女性を対象にしたコミュニケーションロボット。同社が調査を行ったところ、働く女性の多くが、「仕事や人間関係などでストレスや緊張感を感じており、もっと家で気持ちを緩めたい、明日のために充電したい」というニーズがあることが分かったという。そこで、仕事を終えた後の気持ちを少しでもリラックスさせたいという思いから、メロディにのせた会話で、緩いコミュニケーションを行うロボットの開発に至ったとのことだ。「ただいま」の呼びかけには「おかえり」の返答で出迎え、一緒に部屋にいるときには『Charlie』の方からも話しかけて、話題を振ってくれるなど、その存在は “ペット以上恋人未満”とも言えるという。

『Charlie』のデザインについても、リラックスでき、テーブルやベッドサイドに置いても部屋のインテリアと馴染むように、温かみのあるデザインにこだわったとのことだ。

2021年春 の発売を目指して、10月27日(火)よりモニター募集を開始し、12月に抽選で選ばれた約30名による1ヵ月程度の製品モニターを行う予定だ。

■開発背景

高音質のオーディオでの音楽鑑賞や、楽器演奏を日常的に行うような音楽愛好家だけでなく、普段、生活の中であまり音楽に触れる機会が多くない人たちまでを含めた幅広い層に向け、同社だからこそ実現できる、音楽にのせた新しいコミュニケーション体験を提供したいという思いから開発をスタートしたという。

そして、同社で行った様々な調査の中から、働く女性の「仕事後に、疲れた気持ちや張っていた気持ちを緩めたい」という潜在ニーズに着目し、メロディにのせた会話で、緩いコミュニケーションを行う『Charlie』を開発。言葉をメロディにのせる『Charlie』の会話は、通常の会話に比べて情緒的な表現で、感情共有がしやすくなるため、よりユーザーの心に響くコミュニケーションが可能になるという。単調ではない、様々な感情にフォーカスした『Charlie』とのコミュニケーションを通じて、気持ちを緩ませ、整えてくれる効果とともに、音楽にあふれた彩りのある日常を、ユーザーに提供したいと考えているとのことだ。

■製品機能

・言葉をメロディにのせて会話する。言葉と曲調は連動しており、感情を曲にのせて表現する。
・本体に人感センサーがついており、ユーザーから話しかけなくても『Charlie』の方から自発的に話しかけたり、独り言をつぶやいたりして、コミュニケーションを行う。
・会話を重ねることで、『Charlie』の歌が上達し、音楽もリッチになっていく。
・頭や足をメロディに合わせて動かす。
・天気や星座占いを答えることができる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。