Today's PICK UP

トヨタシステムズ社内でデジタル通貨に関する実証実験を実施

株式会社トヨタシステムズと株式会社ディーカレットは、2020年10月より、デジタル通貨に関する実証実験を共同で開始したと発表した。
ディーカレットが構築している「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を活用し、本実証実験用の独自デジタル通貨を発行して、トヨタシステムズの福利厚生における決済処理や自動化についての技術的な検証を行う。両社は、今後も、デジタル通貨やスマートコントラクト等のテクノロジーの活用を通じ、決済業務の効率化・迅速化の推進を進めるという。

■背景

すべてのモノ、ヒト、サービスがネットワークに繋がり、いつでもどこでも相互に情報交換できるスマート社会が実現し、さらにコロナ禍における働き方や情報伝達手段についても大きく変革している。トヨタシステムズはトヨタ自動車株式会社及びそのグループをITでサポートするソリューション並びにシステム開発の中核企業として、サービスの企画・提案から構築・導入・運用に至る一貫したトータルソリューションを提供する世界のリーディングITカンパニーを目指しており、今回、ブロックチェーンやデジタル通貨を活用したソリューションの研究のため技術的な実証実験をディーカレットと共同で実施する事になったとのことだ。トヨタシステムズ全社員が参加する大規模な実験で、ブロックチェーンによる決済トランザクションやそのデータの記録・管理、スマートコントラクトの基本機能による自動実行などの技術検証を行い、新たなイノベーション創造を遂行するという。

■実証実験の概要

・ディーカレットが構築している「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を活用し、デジタル通貨を発行する。
(発行したデジタル通貨の有効期間は、6ヶ月以内になる。)
・具体的には、トヨタシステムズ社員が福利厚生として付与されたデジタル通貨を、実証実験専用に用意されたカタログギフトや福利厚生ポイントへの交換に利用する。交換されると、実行された記録がスマートコントラクトへ書き込まれ、取引額に応じたデジタル通貨が全社員に用意された専用のウォレットから、商品・ポイントのウォレットへ即座に送付する仕組みについて検証し、有効性を確認する。今回は、トヨタシステムズ全社員の約2,500名以上が参加する大規模な実証実験であり、ブロックチェーンにおけるP2P(Peer to Peer)モデルのスケーラビリティの課題や、多数の実験参加者による業務運用性課題などを検証していくという。

<実証実験イメージ図>
出典元:プレスリリース

人気記事