Today's PICK UP

カインズ、「売り場案内ロボット」の試験導入を開始

株式会社カインズは、2020年11月3日にグランドオープンする朝霞店で初めて、希望する商品の売り場を案内するロボットを試験導入すると発表した。まずは、DIY関連用品売り場やガーデニングコーナーで稼働させ、実証実験後の展開を検討する予定だという。
同社では、中期経営計画「PROJECT KINDNESS」を策定した2019年から、「Stress-free(ストレスフリー)」「Personalize(パーソナライズ)」「Community(コミュニティ)」「Emotional(エモーショナル)」の4つの目的に基づき、デジタル戦略を進めている。特に、商品の売り場検索機能や在庫数表示機能、取り置きサービスの「CAINZ PickUp」などはコロナ禍における非接触、非対面などのニーズに合致したことから多くの顧客に利用されているという。

今回、新しいデジタル施策として、「あさかリードタウン」商業施設街区にオープンするカインズ朝霞店で初めて、売り場案内ロボットを試験導入する。ロボット上部に設置しているタッチパネルで、カテゴリー検索から探している商品を選ぶと、その商品が並んでいる棚の前またはそのカテゴリーの通路前までロボットが案内する。ロボットが案内するというユニークな接客方法は、希望する商品が見つからないというわずらわしさを解消するだけでなく、顧客が買い物をより楽しめる購買体験価値の向上にもつながると期待できるとのことだ。
出典元:プレスリリース
【朝霞店で利用できるデジタル施策事例】
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事