Today's PICK UP

日立システムズ、ローカル5G免許取得前に適切な無線通信システムの設計・構築を支援するサービスを販売開始

株式会社日立システムズは、ローカル5Gワンストップソリューションのラインアップの一つとして、ローカル5Gの導入において、免許不要の電波を用いて事前に電波干渉の有無や電波強度測定を行い、適切な基地局配置や無線通信システムの設計・構築を支援する「ローカル5Gアセスメントサービス」を販売開始すると発表した。
本サービスは、ローカル5GやWi-Fi 6、sXGP方式(プライベートLTE)など、進化・多様化する次世代無線通信技術の動向を踏まえて提供するもの。本サービスや関連サービスの提供により、顧客のニーズや業務環境に適した次世代無線通信技術を活用したネットワークシステムの設計・構築・運用を含め、顧客のデジタルトランスフォーメーション推進を幅広く支援していくという。
出典元:プレスリリース

■背景

高速・低遅延・同時多接続の特徴を持つ通信技術「5G」が世界的に注目されており、国内でも本年度から商用サービスの提供が開始され、今後もさまざまな分野での活用が期待されている。しかし、5Gなどの次世代無線通信を利用するにあたっては、従来の無線ネットワークとは異なる電波特性を踏まえた適切な通信設計が求められる。さらに、所管当局への免許申請の手続き、近隣の地域広帯域移動無線アクセス(地域BWA)などとの電波利用の調整、適切な設置工事、実際に利用される際の保守・運用やセキュリティの確保など、構築や運用において多くの知見やノウハウが必要だ。特に、ローカル5Gを導入するためには、一般的に基地局設備などの高額な機器を購入し、無線局免許の取得後でなければ電波干渉の有無や電波強度の測定ができないことが、導入企業にとって大きな障壁となっている。

■詳細

こうした背景の下、日立システムズが長年にわたり培ったオフィス、工場、プラントなどの現場における無線ネットワークの設計・構築・運用の実績やノウハウと、株式会社日立製作所の研究開発グループと共同開発した新技術「屋内位置連動無線性能測定技術(特許出願中)」を活用し、ローカル5Gの無線局免許取得前に電波干渉の有無や電波強度の測定などを実現する「ローカル5Gアセスメントサービス」を販売開始する。

ローカル5Gの電波を発信するには、事前に無線局免許の取得が必要であるため、無線LANのように電波干渉の有無や電波強度の測定などの導入前現場検証を行うことはできなかった。そこで、免許不要な電波を利用した電波干渉の有無や電波強度の測定により、ローカル5G導入後の計測と類似の結果を得られる手法を確立。また、電波状況を高精度かつ短時間で測定できる新技術「屋内位置連動無線性能測定技術」を開発し、従来比1/3の時間で迅速な電波測定が可能となった。これらの手法や技術は自社のローカル5G実験局の開局やパートナー企業とのPoCなどにも活用されており、その実証結果を反映してサービス化した。本サービスにより、適切な基地局配置や5G無線通信システムの設計を支援する。

日立システムズは、本サービスに加え、ローカル5G基地局の導入に必要となる移動通信システムの設計や基地局設置工事、配線工事などの設計・構築サービスを、日立システムズのグループ会社と連携し提供する。また、本サービスによるアセスメントの結果を踏まえ、顧客のニーズや業務環境に適したネットワークシステムの設計・構築・運用の提案をローカル5G以外の通信技術も含めて実施する。

今後、日立システムズは、ローカル5Gの技術を活用した4K/8Kなど高精細カメラによる映像監視システムや、映像配信の高度セキュリティサービスなど、5G/ローカル5Gネットワークを活用した高付加価値サービスの提供、日立の先進的なデジタル技術を活用したLumadaソリューションとの連携によるデジタルトランスフォーメーションの推進支援まで含めて、ローカル5Gワンストップソリューションとして、さまざまなサービスを展開予定で、これにより、2025年度末までに累計25億円の売上をめざすとのことだ。

■ローカル5Gワンストップソリューションのイメージ図

出典元:プレスリリース

■ローカル5Gワンストップソリューションのサービス内容

出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。