Today's PICK UP

クラウド対応の施設管理向けスマート電子錠が発売

株式会社ユーエムイーは、施設管理向けの最新型スマート電子錠「L!NKEY Plus(リンキー プラス)」を2020年11月16日発売すると発表した。
株式会社ユーエムイーが開発・提供するL!NKEYは、賃貸管理やレンタルスペースなど施設管理業の成長と拡大をサポートするスマート電子錠。管理施設をキーレス化し、遠隔機能と施設管理システムを連携させることでカギ管理にかかる業務を自動化する。少人数で複数施設を遠隔・自動管理することで、働き方改革や非接触型サービスの需要に配慮をしながら事業の拡大が可能となる。

施設のリモート運営で障壁になるカギの受け渡しをカットするキーレス化や、目が届かない施設のセキュリティをオートロックで確保するといった一般的な電子錠の機能に加え、専用のリモート管理システムを活用することで新様式の施設運営を実現可能だという。

今回、発売するL!NKEY Plusは、現行のL!NKEYにさまざまな改良をプラスし生まれ変わった最新型のスマート電子錠だ。

■L!NKEYブランドのスマート電子錠について

L!NKEY Plusは、2014年発売の「L!NKEY(リンキー )」に次ぐL!NKEYブランド2番目の電子錠。L!NKEYは物理キーに代わるセキュリティデバイスとして、発売以来数多くの事業者に選ばれ、賃貸物件、レンタルスペース、民泊、オフィス、ホテルなど、様々な業界で施設ドアのカギ管理に導入されている。ドアのキーレス化でカギ管理業務を削減、遠隔機能で複数施設ドアの一括管理、万が一に備えてシリンダーを残してネジで固定する特殊な工法、といった特徴がある。
出典元:プレスリリース
​施設の遠隔運用を可能にするクラウド管理システムには、リアルタイム遠隔解錠、操作ログの管理、電子キーの発行やスケジュール機能など、施設管理に最適な機能が完備されている。また、APIにより外部の予約管理システムや施設管理システムと連携し、管理業務の自動化が可能だ。
出典元:プレスリリース

■L!NKEY Plusについて

出典元:プレスリリース
今回新発売されるL!NKEY Plusには、現行のL!NKEYの機能や仕様そのままに、現代のニーズに対応した数多くのアップデートが加えられている。

・複数IDの登録
L!NKEYでは同時登録可能な暗証番号が1つまでだった。L!NKEY Plusでは100IDまで登録可能となる。施設の共用部でたくさんの利用者が出入りするドアや、簡易なオフィスの入室管理などに対応可能だ。

・スマートフォン対応
専用モバイルアプリと、NFC対応スマホの非接触解錠に対応した。従来の10キー(暗証番号)、NFC(ICカードやタグ)、Web遠隔解錠と組み合わせてより多様な運用が可能になる。

・Z-wave通信
従来のBluetooth 4.0接続に加え、Z-waveでの通信に対応した。中継機の設置場所を選ばず、より柔軟で多様な環境下での安定通信が可能になる。

人気の記事